フキカケスミレ(吹き掛け菫)

多年草
北アメリカ東部〜中部原産。アメリカスミレサイシンの青紫色のそばかす模様のある園芸品種。地上茎をもたず、根茎がワサビ状に太くなる。葉は光沢のある心臓形で、長さ55mmほどになる。花は直径2〜3cmで、距は短くあまり目立たない。花期を過ぎると、葉は著しく大型化し、長さ12cmにもなり、閉鎖花をつける。花期は春。
学名は、Viola sororia 'Freckles'
スミレ科スミレ属


2013年4月21日 植裁 玉湯
フキカケスミレ フキカケスミレ フキカケスミレ
フキカケスミレ フキカケスミレ フキカケスミレ
フキカケスミレ




島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑