ホタルイ(蛍藺)

1年草または多年草
北海道〜九州の山地の湿地に生える。植物体は叢生し、匍匐根茎はない。稈は高さ20〜60cm、幅1〜2mm、やや細くて円く、表面は平滑で濃緑色。基部の鞘は長く、膜質で、口部は斜切形。花序は側生し、少数の無柄の小穂からなり、頭状。苞葉の葉身は1枚、稈に続き、正面に浅い溝があり、長さ5〜10cm。小穂は卵形、長さ7〜15mm、幅5〜8mm、鈍頭、淡緑色。鱗片は広卵形、長さ3〜4mm、中央は緑色でその両側は帯褐色、円頭で微突端。そう果は広倒卵形、長さ幅ともに約2mm、横断面は扁3稜形、熟して黒褐色となり、不明瞭な横じわがある。刺針状花被片は5〜6個あり、そう果より短いかまたは少し長く、下向きにざらつく。柱頭は3個。果期は7〜10月。(岡山県カヤツリグサ科植物図譜)
学名は、Schoenoplectus juncoides var. hotarui
カヤツリグサ科ホタルイ属
よく似たイヌホタルイは小穂が長楕円形で先がとがる。柱頭が2個ある。


2014年9月27日 八雲小穂は茎頂に無柄でつく。茎の上部に長い苞葉がつく。
ホタルイ小穂 ホタルイ小穂 ホタルイ
茎の上部の長い苞葉、長さ約13cm。小穂が4個固まってついている。小穂は卵形、長さ約7〜10mm。
ホタルイ ホタルイ小穂 ホタルイ小穂
鱗片は長さ約3.5mm。柱頭は3岐し、果実は長さ約2mm。刺針状花被片は6個、果実より少し長い。
ホタルイ ホタルイ ホタルイ
茎は円筒形。茎は長さ約28cm。
ホタルイ ホタルイ ホタルイ
川岸に生えている。
ホタルイ



2015年8月11日 玉湯小穂は茎頂に無柄で数個つく。茎の上部に長い苞葉がつく。
ホタルイ小穂 ホタルイ小穂 ホタルイ
小穂は長さ約7mmの卵形。柱頭は3岐する。果実は長さ約2mm。刺針状花被片が5個ある
ホタルイ小穂 ホタルイ柱頭 ホタルイ果実柱頭
果実の裏面、刺針状花被片は合計6個ある。刺針状花被片には逆向きの小刺がある。柱頭はほとんどのものが3岐する。
ホタルイ果実 ホタルイ果実 ホタルイ果実
まれに柱頭が2岐するものがある。茎の上部に長い苞葉がある。長さ約13cm。苞葉を含めて長さ約45cm。
ホタルイ果実 ホタルイ苞葉 ホタルイ
山の溜池の湿地に生えている。
ホタルイ ホタルイ
2014年9月2日 八雲茎の上部につく苞は長さ約8cm。
ホタルイ小穂 ホタルイ ホタルイ
小穂は長さ7〜10mmの卵形。鱗片は長さ約4mm。
ホタルイ小穂 ホタルイ小穂 ホタルイ
柱頭は3岐し、果実は長さ約2mm。刺針状花被片は同長かやや長い。裏面。刺針状花被片が表側の4個とで6個。
ホタルイ ホタルイ ホタルイ
3岐する柱頭。刺針状花被片には下向きの刺がある。
ホタルイ ホタルイ ホタルイ
茎は円筒形、直径約2mm。茎は長さ約25cm。川岸に生えている。
ホタルイ茎 ホタルイ ホタルイ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑