ホソムギ(細麦)

多年草
ヨーロッパ原産で、牧草として栽培されているが、北海道〜九州の路傍や休閑地に逸脱している。茎は高さ30〜60cm、全体平滑・無毛。葉は長さ10〜20cm、幅1.5〜3mm、多くは根生する。葉舌は長さ2mm、葉鞘の上端に狭い葉耳がつく。花序は穂状、長さ10〜20cm。小穂は偏平、無梗、長さ8〜15mm、4〜10小花よりなる。小花は無芒。花軸の側面の小穂は第1苞穎がなく、第2苞穎は長さ8〜9mm。小花は6〜7mm、護穎と内穎はほぼ等長。頂生の小穂は2個の包穎をもつ。果実は長さ3.8から4mm、茶褐色、無光沢。ネズミムギに酷似するがホソムギの小花には芒がない。花期は5〜6月。(日本イネ科植物図譜)
学名は、Lolium perenne
イネ科ドクムギ属
ホソムギとネズミムギの雑種にネズミホソムギがある。


2014年6月1日 美保関
小花に芒はない。
ホソムギ花序 ホソムギ花序 ホソムギ花序
頂小穂には第1、第2苞穎がある。側小穂には第2苞穎のみがある。側小穂は無柄で花序軸につく。
ホソムギ頂小穂 ホソムギ小穂 ホソムギ小穂
小穂は長さ約8mm。小穂には5小花あった。内穎は護穎とほぼ同長。
ホソムギ小穂 ホソムギ小穂 ホソムギ小花
第2苞穎は長さ約5mm。長さ約35cm。
ホソムギ苞穎 ホソムギ ホソムギ



2009年6月14日 玉湯
小花に芒はない。
ホソムギ ホソムギ ホソムギ
小穂は長さ約15mm。
小花は長さ約6mm。
ホソムギ ホソムギ ホソムギ
第2苞穎は長さ約7.5mm。護穎は長さ約6.5mm、内穎は約6mm。葉耳がある。
ホソムギ ホソムギ ホソムギ
ホソムギ ホソムギ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑