ホソバツルノゲイトウ(細葉蔓野鶏頭)

1年草
熱帯アメリカ原産。茎は密に分岐して平伏、長さ50cmになる。葉は対生、無柄、広線形〜線状披針形、幅3〜6mm。花は葉の基部に球状に集まり、白色、花被は鋭尖頭で、中央脈が細く、種子は径0.7mm。ツルノゲイトウと比較して、葉の幅が狭く、種子直径が小さいという特徴がある。明治中期には既に入っていて、本州中部以南の太平洋側に点々と見出されている。花期は7〜11月。
学名は、Alternanthera denticulata
ヒユ科ツルノゲイトウ属



2017年7月31日 八雲花は葉腋に球状に集まる。

ホソバツルノゲイトウ花

ホソバツルノゲイトウ花

ホソバツルノゲイトウ花

花序の下部に若い果実が見える。

ホソバツルノゲイトウ花

ホソバツルノゲイトウ花

ホソバツルノゲイトウ花

花序は長さ約5mm。花と若い果実。花は長さ約2mm、花被片は尖っている。

ホソバツルノゲイトウ花

ホソバツルノゲイトウ花

ホソバツルノゲイトウ花

花被片の中に小さな花がある。雄しべが3個ある。子房と柱頭と葯。

ホソバツルノゲイトウ花

ホソバツルノゲイトウ花

ホソバツルノゲイトウ花

5個の花被片の中の若い果実。花被の基部に2個の小さな小苞がある。果実は直径約1mm、中に1個の種子がある。

ホソバツルノゲイトウ果実

ホソバツルノゲイトウ果実

ホソバツルノゲイトウ果実

未熟な種子、直径約0.6mm。葉は細長い。

ホソバツルノゲイトウ種子

ホソバツルノゲイトウ

ホソバツルノゲイトウ葉

小さく不明瞭な鋸歯がある。葉は無柄で対生する。葉は長さ約4.5cm、幅約5mm。

ホソバツルノゲイトウ葉

ホソバツルノゲイトウ葉

ホソバツルノゲイトウ葉

ホソバツルノゲイトウ葉裏面

ホソバツルノゲイトウ

ホソバツルノゲイトウ

ホソバツルノゲイトウ

ホソバツルノゲイトウ





島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑