ホソバミズヒキモ(細葉水引藻)

多年草
北海道〜沖縄のため池や河川、水路などに生育する小型の枕水または浮葉植物。繊細な地下茎が泥中を横走する。水中茎はよく分枝する。沈水葉は線形で長さ3〜5(〜8)cm、幅0.3〜1mm、1脈、鋭尖頭。浮葉は長楕円形で明るい黄緑色、長さ1.5〜3cm、幅4〜10mm。花茎12〜20mm、花穂は長さ9〜13mm、花は間隔をあけて3〜4段につき、4心皮。果実は長さ約2.5mm、背稜に数個の低い突起があるものからほとんどないものまである。6月頃から秋にかけて各葉腋に長さ1〜2cmの殖芽を形成し、これが栄養繁殖ならびに越冬の手段となる。花期は6〜9月。(日本の水草)
学名は、Potamogeton octandrum
ヒルムシロ科ヒルムシロ属


2015年8月8日 宍道
ホソバミズヒキモ ホソバミズヒキモ ホソバミズヒキモ
浮葉は長さ約1.5cm。
ホソバミズヒキモ ホソバミズヒキモ ホソバミズヒキモ
花穂は長さ約7mm。花弁状のものは葯隔の付属物。
ホソバミズヒキモ花穂 ホソバミズヒキモ花穂 ホソバミズヒキモ花
雌しべが4個ある。4個の若い果実。
ホソバミズヒキモ花 ホソバミズヒキモ果実 ホソバミズヒキモ果実
若い果実は長さ1.5〜2mm。数個の低い突起がある。
ホソバミズヒキモ果実 ホソバミズヒキモ果実 ホソバミズヒキモ果実
果実の縦断面。
ホソバミズヒキモ果実 ホソバミズヒキモ ホソバミズヒキモ
ホソバミズヒキモ
2014年9月8日 東忌部葉は長さ約2cm、幅4mm。
ホソバミズヒキモ ホソバミズヒキモ ホソバミズヒキモ
殖芽。沈水葉は長さ約5cm。
ホソバミズヒキモ ホソバミズヒキモ ホソバミズヒキモ
ホソバミズヒキモ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑