ホソバイヌワラビ(細葉犬蕨)

夏緑性シダ植物
本州〜九州のやや湿った林下に生える。葉は2形で春に出る葉(栄養葉)は地表近くに展開し、ソーラスはつかず、夏に出る葉(胞子葉)は立ち上がり、ソーラスをつける。葉柄はわら色〜薄紫色、基部鱗片は狭披針形で褐色。葉は2回羽状複葉で、秋に上部で無性芽をつける。中軸は緑色、羽軸は紫色で、羽軸裏面に細かい毛が生える。羽軸と小羽軸の分岐点表面に刺状の突起があり、小羽軸上に刺状の毛が生える。羽片には短い柄がつき、小羽片は鈍頭〜鋭頭で前側の耳垂はやや大きい。ソーラスは中肋近くにつき、包膜は三日月形、鉤形が混じる。
学名は、Athyrium iseanum
イワデンダ科メシダ属


2009年8月24日 玉湯
羽軸には刺がある。
ホソバイヌワラビ ホソバイヌワラビ ホソバイヌワラビ
ホソバイヌワラビ ホソバイヌワラビ ホソバイヌワラビ
包膜は三日月形、鉤形が混じる。
ホソバイヌワラビ ホソバイヌワラビ ホソバイヌワラビ



2008年11月1日 東忌部中軸の先端には刺がある。最下羽片の様子。
ホソバイヌワラビ ホソバイヌワラビ ホソバイヌワラビ

羽軸や小羽片には刺がある。
ホソバイヌワラビ ホソバイヌワラビ ホソバイヌワラビ
ホソバイヌワラビ ホソバイヌワラビ ホソバイヌワラビ
ホソバイヌワラビ ホソバイヌワラビ ホソバイヌワラビ
2008年9月7日 玉湯
ホソバイヌワラビ ホソバイヌワラビ ホソバイヌワラビ
羽軸や小羽片に刺がある。
ホソバイヌワラビ ホソバイヌワラビ ホソバイヌワラビ
ホソバイヌワラビ ホソバイヌワラビ
2008年6月15日 東忌部
ホソバイヌワラビ ホソバイヌワラビ ホソバイヌワラビ
ホソバイヌワラビ ホソバイヌワラビ ホソバイヌワラビ
ホソバイヌワラビ ホソバイヌワラビ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑