ホソバイヌビワ(細葉犬枇杷)

落葉低木
イヌビワの品種で、葉が細長いものをいう。
学名は、Ficus erecta var. erecta f. sieboldii
[イヌビワ]
関東地方以西〜沖縄の暖地の山地や丘陵にふつうに生える。高さ3〜5mになる。樹皮は灰褐色。本年枝は無毛。葉は互生。葉身は長さ8〜20cm、幅3〜8cmの卵状楕円形。先は急にとがり、基部は円形またはハート形で、全縁。両面とも無毛。葉柄は長さ2〜5cm、ほとんど無毛。托葉は長さ8〜12cmの狭披針形で先は尖る。落ちやすい。雌雄別株。花嚢は長さ8〜10mmの球形で、葉腋に1個ずつつく。雄と雌の花嚢は同形。花嚢の内側には小さな花が多数つく。雄花嚢には雄花と虫えい花が混在し、雌花嚢には雌花のみがある。雄花には花被片が5個と雄しべが2個ある。雌花には花被片5個と雌しべが1個あり、花柱は長い。虫えい花の花柱は短く、柱頭は皿状。花嚢の柄の上部には長さ約1mmの半円形の下部総苞葉が3個つく。果嚢は直径約2cmの球形。10〜11月、黒紫色に熟す。雌果嚢は食べられるが、雄果嚢はかたくて食べられない。そう果は直径約1.3mmの球形。花期は4〜5月。
冬芽は、長さ7〜12mmの円錐形で先はとがり、2〜4個の芽鱗におおわれる。頂芽は側芽よりも大きい。葉痕は円形または腎臓形で、托葉痕が枝を1周する。(樹に咲く花)
クワ科イチジク属


2011年6月4日 浜乃木
ホソバイヌビワ ホソバイヌビワ ホソバイヌビワ
左側と奥は普通のイヌビワ。
ホソバイヌビワ ホソバイヌビワ



2010年6月6日 玉湯葉は長さ約16cm、幅3cm、葉縁は波打つ。
ホソバイヌビワ ホソバイヌビワ ホソバイヌビワ
ホソバイヌビワ ホソバイヌビワ ホソバイヌビワ
2011年11月26日 冬芽 玉湯紅葉
ホソバイヌビワ ホソバイヌビワ ホソバイヌビワ
ホソバイヌビワ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑