ホシクサ(星草)

1年草
本州〜沖縄の水田や水湿地に生える。根はひげ状で白色。葉は根生して斜上し、狭線形、長さ2〜8cm、幅1〜2mm、先は次第に細くなって鋭尖頭、無毛。花茎は高さ5〜15(20)cm、鞘は1.5〜3cm。頭花は卵球形、灰褐色〜汚白色で直径4mm内外、総苞片は楕円形、膜質、鈍頭、長さ約1.5mmで目立たない。花苞は卵状長楕円形、やや鋭頭、長さ1.5〜2mm。花床はまばらに毛があるかまたはやや無毛。雄花は少数、萼片は合生して下半部は筒状、上半部は前方が開き、先は3裂、背面に毛を散生、花弁は筒状に合生し先は3裂、上縁に2細胞からなる毛があり、内に黒腺がある。雄ずいは6個、葯は白色。雌花は多数、萼片は2,線形で離生し長さ約1mm、花弁はない。種子は楕円形、黄褐色、長さ0.4mm、不規則な6角状網目がある。花期は8〜10月。(原色日本植物図鑑)
学名は、Eriocaulon cinereum
ホシクサ科ホシクサ属


2013年10月1日 八雲
ホシクサ花 ホシクサ花 ホシクサ花
頭花は幅約3.3mm。
ホシクサ花 ホシクサ花 ホシクサ花
雌花には花苞と萼片が2個ある。萼片に毛がある。
ホシクサ雌花 ホシクサ雌花 ホシクサ雌花
花苞と萼に包まれた雄花。萼に包まれた雄花。
ホシクサ雌花 ホシクサ雄花 ホシクサ雄花
萼の背面、先端は3裂する。萼の中に雄花がある。花弁は3裂し、先に棍棒状の毛がある。
ホシクサ萼 ホシクサ雄花 ホシクサ雄花
果実は3室ある。種子。
ホシクサ雄花 ホシクサ果実 ホシクサ種子
種子は長さ約0.4mm表面に横長の蜂の巣状の模様がある。
ホシクサ種子 ホシクサ種子 ホシクサ種子
花茎は高さ約6cm。葉は線形で根生する。
ホシクサ ホシクサ ホシクサ



2007年10月13日 八雲6個の雄しべが星形に開く。
ホシクサ ホシクサ ホシクサ
ホシクサ ホシクサ
2006年10月22日 宍道
ホシクサ ホシクサ ホシクサ
ホシクサ ホシクサ ホシクサ
ホシクサ
2006年9月24日 宍道
ホシクサ ホシクサ ホシクサ
ホシクサ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑