ホオズキ(酸漿)

多年草
アジア原産といわれ、日本には古い時代に渡来したと考えられている。ふつう庭などに栽培される。高さ60〜90cm。地下茎を長く伸ばして増える。葉は互生するが、ときに節に2個ずつついて対生しているように見え、長さ5〜12cm、幅3〜9cmの広卵形、ふちに大きな鋸歯がある。葉腋から長い花柄をだし、淡黄白色の花を下向きにつける。花冠は杯形で直径約1.5cm、先は浅く5裂して平開し、5角形。中心部は淡緑色で、全体に白い毛が多い。花糸は葯の背面についてる。萼は短い筒状で先は5裂する。花が終わると萼は大きくふくれて長さ4〜6cmになり、液果を包む。熟すと赤橙色になる。液果は直径1〜1.5cmの球形で赤く熟す。花期は6〜7月。(野に咲く花)
学名は、Physalis alkekengi var. franchetii
ナス科ホオズキ属


2015年6月13日 八雲花は平開する。
ホオズキ花 ホオズキ花 ホオズキ
花は直径約2.5cm。中心部は淡緑色で、縁に毛が多い。花冠は浅く5裂した5角形。
ホオズキ花 ホオズキ花 ホオズキ花
若い果実、萼が大きくなって果実を包む。葉が対生状に2個ずつついている。茎や葉柄は無毛。
ホオズキ果実 ホオズキ葉 ホオズキ茎
葉身は長さ約9cm、縁に大きな鋸歯がある。茎や葉柄は無毛。
ホオズキ葉 ホオズキ葉裏面 ホオズキ
ホオズキ
2004年7月11日 植栽 八雲果実を包む大きくなった萼。
ホオズキ ホオズキ ホオズキ
ホオズキ ホオズキ ホオズキ



2012年7月24日 果実 八雲
ホオズキ ホオズキ ホオズキ
まだ小さい果実を包む萼。まだ小さい果実。大きくなった萼は長さ約6cm。
ホオズキ ホオズキ ホオズキ
ホオズキ ホオズキ ホオズキ
節に葉が2枚つき対生状に見える。ほとんど分枝しない。
ホオズキ ホオズキ ホオズキ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑