ホオノキ(朴の木)

落葉高木
北海道〜九州の丘陵、山地に生える。高さ30mほどになる。樹皮は灰白色。平滑で皮目が多い。枝は太くて無毛。枝を1周する托葉痕が目立つ。葉は互生。枝先に集まってつく。葉身は長さ20〜40cm、幅10〜25cmの長さ20〜40cmの倒卵形〜倒卵状長楕円形で、全縁。裏面は白色を帯び、軟毛が散生する。葉柄は長さ2〜4cm。葉の展開後、枝先に直径約15cmの大きな花を開く。花は黄白色で芳香がある。花被片は9〜12個。外側の3個は短い萼状、淡緑色で一部紅色を帯びる。内側の6〜9個は花弁状。雄しべと雌しべは多数らせん状に集まってつく。雄しべは長さ2cmほど、花糸は赤色、葯は黄白色。花の寿命は短く、開花するとすぐに雄しべはぱらぱら落ちてしまう。果実は袋果が集まった集合果。長さ10〜15cmの長楕円形で、9〜11月に熟す。袋果は赤褐色で、中に長さ1cmほどの種子が2個入っている。種皮の外層は赤色、中層は肉質。長い糸状の珠柄でぶら下がる。花期は5〜6月。
冬芽は2個の托葉と葉柄が合着したキャップ状の芽鱗に包まれる。無毛。頂芽は大きくて長さ3〜5cmある。葉痕は扁円形または心形。維管束痕は多数。(樹に咲く花)
学名は、Magnolia obovata
モクレン科モクレン属


2013年5月16日 大東
ホオノキ花 ホオノキ ホオノキ
2013年5月13日 東出雲
ホオノキ花 ホオノキ花 ホオノキ
葉身は長さ約40cm。
ホオノキ葉 ホオノキ葉 ホオノキ葉
裏面には毛がある。
ホオノキ葉裏面 ホオノキ葉裏面 ホオノキ



2012年5月12日 大東
ホオノキ花 ホオノキ花 ホオノキ花
ホオノキ ホオノキ
2005年5月8日 西忌部
ホオノキ花 ホオノキ花 ホオノキ
ホオノキ
2004年5月5日 蕾 東出雲
ホオノキ蕾 ホオノキ ホオノキ
ホオノキ
2012年3月14日 落下した果実 玉湯
ホオノキ果実 ホオノキ果実 ホオノキ
2009年8月15日 東忌部
ホオノキ葉 ホオノキ葉 ホオノキ葉裏面
ホオノキ冬芽 ホオノキ冬芽 ホオノキ枝
ホオノキ ホオノキ樹皮 ホオノキ
2011年5月4日 芽吹き 八雲
ホオノキ芽吹き ホオノキ芽吹き ホオノキ芽吹き
ホオノキ ホオノキ枝 ホオノキ
2010年4月25日 芽吹き 東忌部
ホオノキ芽吹き ホオノキ芽吹き ホオノキ
2014年4月19日 芽吹き 東出雲2枚の芽鱗が垂れ下がり、葉の間に大きな托葉があるが、葉が展開すると落ちる。
ホオノキ芽吹き ホオノキ芽吹き ホオノキ芽吹き
ホオノキ
2010年2月21日 冬芽 宍道
ホオノキ冬芽 ホオノキ冬芽 ホオノキ葉痕
ホオノキ樹皮 ホオノキ
2011年4月6日 冬芽 玉湯
ホオノキ冬芽 ホオノキ樹皮 ホオノキ
ホオノキ ホオノキ
2008年8月17日 枝先に集まる大きな葉の様子からホオノキと思われる。 星上山
ホオノキ ホオノキ ホオノキ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑