ヒツジグサ(未草)

多年草
北海道〜九州の池沼に生える。葉は根生し、長柄があり、広楕円形で長さ10〜20cm、基部は心形で、水面に浮かぶ。花は根生する長い花柄の先に1個頂生し、白色で直径約5cm、日中に開いて夜になると閉じる。花弁は8〜15個、雄しべは多数、萼片は4個。 花の中央に柱頭盤があり、周辺に8個の低い半円状の柱頭がある。その柱頭を内向きにおおい状の8個の偽柱頭がおおう。花のあと水中で球形の液果が成熟する。花期は6〜9月。(山に咲く花)
学名は、Nymphaea tetragona
スイレン科スイレン属


2014年9月8日 東忌部
ヒツジグサ花 ヒツジグサ花 ヒツジグサ花
ヒツジグサ葉 ヒツジグサ ヒツジグサ
ヒツジグサ



2012年8月12日 東出雲萼は緑色で4枚ある。
ヒツジグサ花 ヒツジグサ花 ヒツジグサ花
水の少なくなった溜池にあった。
ヒツジグサ花 ヒツジグサ葉 ヒツジグサ
2005年9月3日 西忌部2005年7月10日 東忌部
ヒツジグサ ヒツジグサ ヒツジグサ
2005年7月10日 東忌部
ヒツジグサ ヒツジグサ
2006年6月3日 東忌部
ヒツジグサ ヒツジグサ
下記の楽山公園のヒツジグサに似た花は、花弁の数が多く、外国産のスイレン属の交配種とのことで、名前はないそうです。
2004年8月12日 楽山公園2001年6月2日 楽山公園
スイレン属 スイレン属


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑