ヒトツバ(一つ葉)

常緑シダ植物
関東、福井県以西〜九州に分布。低地〜山地の乾いた樹幹や岩上に群生する。根茎は硬い針金状で、長くはい、まばらに葉が出て、高さ30〜40cmになる。葉は厚くて硬く、表面は深緑色、若い葉では基部近くに早落性で淡褐色の星状毛がまばらにあり、裏面には宿存する褐色〜白色の星状毛が密生する。胞子葉はやや細くて長く、裏面一面にソーラスをつける。
学名は、Pyrrosia lingua
ウラボシ科ヒトツバ属


2011年3月30日 新庄ソーラスが一面についた葉ソーラスのつく葉は細い。
ヒトツバ ヒトツバ ヒトツバ
葉表に星状毛がまばらにある。胞子葉の裏面にソーラスが密生する。
ヒトツバ ヒトツバ ヒトツバ
ソーラスの拡大。葉裏には星状毛が密生する。
ヒトツバ ヒトツバ ヒトツバ
星状毛は直径約0.35mm。星状毛の拡大。ソーラスのつかない葉は幅が広い。
ヒトツバ ヒトツバ ヒトツバ
ヒトツバ ヒトツバ ヒトツバ
幹を這う根茎。根茎の先端。
ヒトツバ ヒトツバ ヒトツバ
ヒトツバ




島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑