ヒトモトススキ(一本薄)

多年草
関東地方・新潟県以西〜九州の海岸に生える。植物体は叢生し、大株を作り匐枝がある。稈は高さ1〜2m、横断面は円形〜鈍3稜形で平滑、多くの葉をつけ、ときに節から短い葉を束生する。葉は幅8〜10mm、上下から扁平、硬くて厚く、中肋と縁に鋸歯がありざらつく。花序は円錐形、5〜7個頂生し、長さ4〜8cm、密に小穂をつける。小穂は長楕円形〜卵形、褐色で長さ3mm、数個集まって径1cm程度の球状の小穂群を作る。鱗片は卵形、長さ約3mm、鋭頭、茶褐色。そう果は卵形、長さ2.5mm、黄褐色。柱頭は3個。別名シシキリガヤ。花期は7〜10月。(岡山県カヤツリグサ科植物図譜)
学名は、Cladium chinensis
カヤツリグサ科ヒトモトススキ属


2011年7月31日 鹿島
ヒトモトススキ ヒトモトススキ ヒトモトススキ
ヒトモトススキ ヒトモトススキ ヒトモトススキ
ヒトモトススキ



2005年7月18日 鹿島
ヒトモトススキ ヒトモトススキ ヒトモトススキ
ヒトモトススキ ヒトモトススキ
2014年8月18日 果実 鹿島
ヒトモトススキ果序 ヒトモトススキ果実 ヒトモトススキ果序
枝先に数個の小穂がつき小穂群をつくる。鱗片に包まれた果実は長さ約3mm。鱗片に包まれた果実、長さ約3.5mm。
ヒトモトススキ果実 ヒトモトススキ果実 ヒトモトススキ果実
鱗片から取り出した果実は長さ約2.5mm。
ヒトモトススキ果実 ヒトモトススキ果実 ヒトモトススキ果実
果実の横断面、外果皮はコルク質。果実の周りは外果皮に包まれている。外果皮を取り除いた果実。長さ約1.5mm。
ヒトモトススキ果実 ヒトモトススキ果実 ヒトモトススキ果実
ヒトモトススキ果実 ヒトモトススキ ヒトモトススキ
2005年8月30日 果実 鹿島
ヒトモトススキ ヒトモトススキ ヒトモトススキ
2014年9月18日 果実 島根
ヒトモトススキ ヒトモトススキ ヒトモトススキ
ヒトモトススキ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑