ヒルザキツキミソウ(昼咲き月見草)

多年草
北アメリカ原産。大正末期ごろ観賞用に渡来し、現在では中部地方以西に野生化しているものもある。茎は白い短毛が多く、高さ30〜60cmになる。茎の下部は木質化することが多い。葉は互生し、長さ5〜7cmの線状披針形で、ふちに浅い鋸歯がある。茎の下部の葉は羽状に浅く裂ける。花は白色または淡紅色で直径約5cm。つぼみのときは下を向いているが、開くと上を向く。花弁は広倒卵形で、基部は黄色を帯びる。花が白色のものもしぼむと淡紅色になる。果実はさく果だが、日本では結実しない。花期は5〜7月。(野に咲く花)
学名は、Oenothera speciosa
アカバナ科マツヨイグサ属
花がはじめから淡紅色のものをモモイロヒルザキツキミソウ(Oenothera speciosa var. childsii)として分ける場合もある。


2011年6月3日 千鳥雌しべの先端は十字形になる。
ヒルザキツキミソウ花 ヒルザキツキミソウ雌しべ ヒルザキツキミソウ花
苞の上部は繋がっている。下部の葉は深裂する。
ヒルザキツキミソウ苞 ヒルザキツキミソウ花 ヒルザキツキミソウ葉
ヒルザキツキミソウ葉 ヒルザキツキミソウ ヒルザキツキミソウ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑