ヒロハノイヌノヒゲ(広葉犬髭)

1年草
北海道〜九州の水田や湿地に生える。葉は多数根生して開出し、長さ9〜20cm、基部で幅5〜8(10)mm、先は次第に細くなってやや鈍頭。花茎は多数出て高さ4〜25cm、5肋があって少しねじれる。頭花は多数の花からなり淡汚褐色、半球形〜やや倒円錐形、幅4〜5mm。総苞片は卵状長楕円形、長さ2〜2.5mm、鈍頭、乾けば淡黄褐色。花床は通常無毛。雄花は長さ1.5〜1.8mm、萼片は合生して倒卵状、前方は深く裂け、上部は3浅裂、無毛またはわずかに短毛がある。花弁は筒状に筒状に合生、雄しべ6、葯は黒色。雌花は長さ約2mm、萼片は合生して前方開き、淡褐色を帯び、内面は有毛、先は3浅裂しむもうまたはわずかに短毛がある。花弁は3、離生、長楕円状披針形で内面有毛。柱頭は3。種子は長楕円形、長さ0.8mm、細鈎状毛がある。花期は9〜10月。別名ヒロハイヌノヒゲ。(原色日本植物図鑑)
学名は、Eriocaulon robustius
ホシクサ科ホシクサ属


2013年10月1日 八雲
ヒロハノイヌノヒゲ花 ヒロハノイヌノヒゲ花 ヒロハノイヌノヒゲ花
頭花は直径約4.5mm。花苞(上)と雌花。花苞(下)と花弁(3個)、萼(右)。
ヒロハノイヌノヒゲ花 ヒロハノイヌノヒゲ雌花 ヒロハノイヌノヒゲ雌花
左から、花苞、花弁(3個)、萼。3個の花弁と子房。萼の先端は3裂する。
ヒロハノイヌノヒゲ雌花 ヒロハノイヌノヒゲ花弁 ヒロハノイヌノヒゲ萼
花苞は長さ約2mm。花苞(上)と萼に包まれた雄花。花苞(上)と萼に包まれた雄花。
ヒロハノイヌノヒゲ花苞 ヒロハノイヌノヒゲ雄花 ヒロハノイヌノヒゲ雄花
雄花は萼に包まれている。雄花を萼から引き出した。花弁は3裂するというが?。
ヒロハノイヌノヒゲ雄花 ヒロハノイヌノヒゲ雄花 ヒロハノイヌノヒゲ雄花
雄しべの葯は黒色、円形。未熟な果実、柱頭は3岐する。
ヒロハノイヌノヒゲ雄花 ヒロハノイヌノヒゲ雄花 ヒロハノイヌノヒゲ果実
花茎に筒状の鞘がある。長い茎は約9cm。葉は長さ約12cm。
ヒロハノイヌノヒゲ茎 ヒロハノイヌノヒゲ花茎 ヒロハノイヌノヒゲ葉
葉の基部は広く、約5mm。
ヒロハノイヌノヒゲ葉 ヒロハノイヌノヒゲ ヒロハノイヌノヒゲ



2006年10月28日 佐草
ヒロハノイヌノヒゲ ヒロハノイヌノヒゲ
2006年10月9日 佐草
ヒロハノイヌノヒゲ ヒロハノイヌノヒゲ ヒロハノイヌノヒゲ
2004年10月30日 佐草
ヒロハノイヌノヒゲ ヒロハノイヌノヒゲ
2005年10月1日 佐草
ヒロハノイヌノヒゲ ヒロハノイヌノヒゲ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑