ヒロハゴマギ(広葉胡麻木)

落葉低木
本州(東北地方と日本海側)の標高30〜1400mの落葉樹林に生える。ゴマギの変種。積雪の多い日本海型気候に支配される地域に分布する。高さ2mほどになる。群生することが多い。枝や葉を傷つけるとゴマのにおいがする。葉は対生。ゴマギより大きく、葉身は長さ10〜19cm、幅4〜11cmの倒卵形〜広倒卵形。とくに徒長枝では長さ20cm、幅約14cm以上にもなる。鋸歯は鋭い。側脈は8〜12対ある。花序は直径10〜16cmとゴマギより大きい。花冠は高坏状で、上部は深く5裂して平開する。雄しべは5個、花冠から突きでる。雌しべは1個、花柱はごく短い。萼はごく小さな杯状で、上部はわずかに5裂する。苞は長さ1〜3mmの卵状披針形。果実は核果。長さ8〜10mmの楕円形で、8月頃赤くなり9〜10月に黒く熟す。深い縦溝が1個ある。花期は5月下旬〜6月。
冬芽の頂芽は長さ1.5〜2cmで先がとがる。側芽は5〜8mm。芽鱗は2対あり、外側の芽鱗は無毛で早く脱落する。(樹に咲く花)
学名は、Viburnum sieboldii var. obovatifolium
レンプクソウ科ガマズミ属


ヒロハゴマギは山渓「樹に咲く花」によると樹高が2mほどとされている。しかし島根半島に生えるものは葉が幅広くヒロハゴマギと思われるが樹高が5m以上あり、同書にいう中間型なのかもしれない。
2008年5月17日 東持田
ヒロハゴマギ花 ヒロハゴマギ花 ヒロハゴマギ花
葉は広倒卵形
ヒロハゴマギ葉 ヒロハゴマギ葉 ヒロハゴマギ



2006年5月3日 蕾 八雲葉は広倒卵形。
ヒロハゴマギ蕾 ヒロハゴマギ葉 ヒロハゴマギ葉
葉の基部は広いくさび形、円形。
ヒロハゴマギ葉裏面 ヒロハゴマギ葉裏面 ヒロハゴマギ
2012年9月16日 果実 島根果実は長さ約1cm。
ヒロハゴマギ果実 ヒロハゴマギ果実 ヒロハゴマギ果実
熟すと黒くなる。果実の横断面。核(種子)は長さ約8mm、裏に凹みがある。
ヒロハゴマギ果実 ヒロハゴマギ果実 ヒロハゴマギ核
2007年9月8日 果実 島根
ヒロハゴマギ果実 ヒロハゴマギ果実
この樹の葉は、時期のせいか、個体の形質なのか、もんでも匂いがしなかった。
2013年7月11日 果実 鹿島果実は長さ約1cm。
ヒロハゴマギ果実 ヒロハゴマギ果実 ヒロハゴマギ果実
果実の横断面。1個の核が入る。核は長さ約8mm、縦溝がある。
ヒロハゴマギ果実 ヒロハゴマギ果実 ヒロハゴマギ果実
葉身は長さ約15cm、幅約9cm。
ヒロハゴマギ葉 ヒロハゴマギ葉 ヒロハゴマギ葉
葉脈が裏面に突出する。葉脈や脈腋に毛がある。冬芽と葉痕。
ヒロハゴマギ葉裏面 ヒロハゴマギ葉裏面 ヒロハゴマギ冬芽と葉痕
ヒロハゴマギ樹皮 ヒロハゴマギ ヒロハゴマギ
ヒロハゴマギ
2005年7月23日 果実 島根
ヒロハゴマギ果実 ヒロハゴマギ果実 ヒロハゴマギ果実
ヒロハゴマギ葉 ヒロハゴマギ葉 ヒロハゴマギ葉裏面
ヒロハゴマギ ヒロハゴマギ
2007年12月23日 果実 冬芽 葉が落ちる頃には実が赤から黒くなる。 東持田
ヒロハゴマギ果実 ヒロハゴマギ冬芽 ヒロハゴマギ冬芽
ヒロハゴマギ樹皮 ヒロハゴマギ

2007年2月25日 冬芽 八雲
ヒロハゴマギ冬芽 ヒロハゴマギ冬芽 ヒロハゴマギ冬芽
2006年3月11日 八雲
ヒロハゴマギ冬芽 ヒロハゴマギ冬芽 ヒロハゴマギ樹皮
ヒロハゴマギ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑