ヒンジガヤツリ(品字蚊帳吊)

1年草
本州〜九州の水田や川岸、湿地に生える。植物全体は無毛で緑白色、小型。稈は細く直立し、やや硬く、高さ5〜30cm、平滑、稜ははなはだ鈍い。葉は線形で1〜2枚、幅1〜2mm。基部の鞘は褐色を帯びる。花穂は広卵形で無柄、長さ3〜5mm、多数の小穂が密に集まる。小穂は1小花からなる。苞葉の葉身は2〜3枚で長さ1〜8cm、葉状で開出し、花序より長い。鱗片は膜質、広披針形、長さ1.2〜1.5mm、淡緑色、先端はやや外曲した短い芒になる。そう果は挟楕円形、長さ0.8〜1mm、黄褐色、透明な2枚の薄膜に包まれている。花柱は短く、長さ0.1〜0.2mm。柱頭は2岐。雄しべは1〜2個。花期は8〜10月。(岡山県カヤツリグサ科植物図譜)
学名は、Lipocarpha microcephala
カヤツリグサ科ヒンジガヤツリ属


2015年8月23日 西浜佐陀花穂は3〜5個つく、4個ある。苞葉は花序より上に出ない。
ヒンジガヤツリ花穂 ヒンジガヤツリ花穂 ヒンジガヤツリ花穂
花序は直径約6mm。花穂を3個つけるもの。
ヒンジガヤツリ花穂 ヒンジガヤツリ花穂 ヒンジガヤツリ花穂
花穂を4個つけるもの。花穂は多数の小穂を密につける。鱗片は長さ約1.5mm。
ヒンジガヤツリ花穂 ヒンジガヤツリ花穂 ヒンジガヤツリ鱗片
小穂には1小花がある。果実は隆条のある透明な薄膜に包まれる。2枚の薄膜の中に果実がある。
ヒンジガヤツリ鱗片 ヒンジガヤツリ果実 ヒンジガヤツリ果実
若い果実は長さ約8mm。柱頭は2岐する。
ヒンジガヤツリ果実 ヒンジガヤツリ柱頭 ヒンジガヤツリ柱頭
茎は長さ約12cm。
ヒンジガヤツリ ヒンジガヤツリ



2014年10月23日 東出雲花穂は3〜5個つく。苞葉は花序より上に出ない。
ヒンジガヤツリ花穂 ヒンジガヤツリ花穂 ヒンジガヤツリ花穂
花穂は直径約5mm、小穂が密集する。鱗片と果実、鱗片は長さ約1.9mm。柱頭は2岐する。
ヒンジガヤツリ花穂 ヒンジガヤツリ果実 ヒンジガヤツリ果実
隆条のある薄膜に包まれた果実。果実は透明な2枚の薄膜に包まれる。
ヒンジガヤツリ果実 ヒンジガヤツリ果実 ヒンジガヤツリ果実
薄膜を除いた果実、長さ約1.2mm。熟すと鱗片と一緒に落ち、軸が見える。花茎は長さ約10cm。
ヒンジガヤツリ果実 ヒンジガヤツリ小穂 ヒンジガヤツリ
ヒンジガヤツリ ヒンジガヤツリ ヒンジガヤツリ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑