ヒナガヤツリ(雛蚊帳吊)

1年草
関東地方以西〜九州の川岸や湿地に生え、軟かくて緑色。植物体は密に叢生し、稈は高さ5〜20cm、下部に少数の葉がある。葉は花序より短く、幅約1mm。花序は単一、まばらに3〜8個の小穂をつける。花序枝は4〜7本。苞葉の葉身は1枚あって稈に続き、花序より著しく長い。小穂は花穂の先端につき、著しく扁平で、淡緑色、長さ5〜12mm、10〜30個の花をつける。鱗片は広卵形、長さ約1mm、小穂の中軸にやや開出してつき、竜骨は翼状、上端は外曲する短芒となる。そう果は倒卵形、長さ約0.5mm、黄白色。花柱はそう果とほぼ同長。柱頭は3個。花期は7〜10月。(岡山県カヤツリグサ科植物図譜)
学名は、Cyperus flaccidus
カヤツリグサ科カヤツリグサ属


2015年8月16日 八雲
ヒナガヤツリ花序 ヒナガヤツリ花序 ヒナガヤツリ小穂
小穂は長さ約5mm。鱗片は外曲する。
ヒナガヤツリ花序 ヒナガヤツリ小穂 ヒナガヤツリ小穂
鱗片の先は短い芒となり、外曲する。鱗片は長さ約1.2mm。柱頭は3岐し、果実とほぼ同長。
ヒナガヤツリ鱗片 ヒナガヤツリ鱗片 ヒナガヤツリ柱頭
柱頭は3岐する。果実は長さ約0.5mm。
ヒナガヤツリ柱頭 ヒナガヤツリ柱頭 ヒナガヤツリ果実
果実は3稜形。表面に微細な粒状突起がある。茎は長さ約9cm。苞葉は1枚つき花序より長い。
ヒナガヤツリ果実 ヒナガヤツリ果実 ヒナガヤツリ
ヒナガヤツリ
2012年8月26日 八雲
ヒナガヤツリ ヒナガヤツリ ヒナガヤツリ
花茎は高さ約4cm、花序枝3cm、苞葉10cm。小穂は長さ1cm、果実が半数落ちている。
ヒナガヤツリ ヒナガヤツリ ヒナガヤツリ
鱗片の先は芒となり外曲する。鱗片は長さ約1.2mm。果実は3稜があり、長さ約0.5mm。
ヒナガヤツリ ヒナガヤツリ ヒナガヤツリ
果実は長さ約0.6mm。
ヒナガヤツリ ヒナガヤツリ ヒナガヤツリ



2009年8月8日 下佐陀
ヒナガヤツリ ヒナガヤツリ ヒナガヤツリ
ヒナガヤツリ ヒナガヤツリ
2004年7月19日 大草
ヒナガヤツリ ヒナガヤツリ ヒナガヤツリ
2004年12月3日 熊野
ヒナガヤツリ ヒナガヤツリ ヒナガヤツリ
ヒナガヤツリ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑