ヒメユズリハ(姫譲葉)

常緑高木
東北地方南部以西〜沖縄の照葉樹林内に生える。高さ10mほどになる。樹皮は灰褐色で皮目が散生する。若い枝は緑色。古い枝は葉痕が目立つ。葉は互生。枝先にかたまってつく。葉身は長さ4〜15cm、幅2〜6cmの挟楕円形〜倒披針形。ふちは全縁。側脈は8〜10対あり、網状脈がはっきりしている。革質で表面は光沢があり、両面とも無毛。葉柄は長さ1.5〜5cm、ふつう緑色まれに紅色を帯びる。雌雄別株。前年枝の葉腋から長さ1.5〜6cmの総状花序を出す。花は花序枝の上部にかたまってつく傾向がある。雄花は長さ3mmほどの柄があり、花弁はなく、小さな萼片3〜6個と雄しべが4〜12個ある。雌花には長さ約0.5mmの小さな萼片が3〜6個ある。子房は狭卵形で長さ1〜1.5mm。柱頭は3〜4個、淡黄色で外側にそり返る。果実は核果。長さ8〜9mmの楕円形で、12〜1月に藍黒色に熟す。表面は粉をふく。花序は垂れ下がらない。核は直径6〜7mm。花期は5〜6月。
冬芽の頂芽は狭卵形で葉柄が変化した多数の芽鱗につつまれる。葉痕は大形で、維管束痕は3個。葉腋には小さな花芽がつく。(樹に咲く花)
学名は、Daphniphylum teijismannii
ユズリハ科ユズリハ属
ユズリハは葉が8〜20cmと大きく、10〜19対の側脈が目立ちつ。


2011年5月20日 雄花 植裁 末次
ヒメユズリハ ヒメユズリハ ヒメユズリハ
網状脈が目立つ。
ヒメユズリハ ヒメユズリハ ヒメユズリハ



 2006年2月19日 冬芽 大庭
裏面は緑白色。
ヒメユズリハ ヒメユズリハ ヒメユズリハ
網状脈が目立つ。
ヒメユズリハ ヒメユズリハ ヒメユズリハ
ヒメユズリハ
2006年2月19日 幼木の冬芽 大庭
ヒメユズリハ ヒメユズリハ ヒメユズリハ
ヒメユズリハ ヒメユズリハ
2008年5月17日 西川津裏面は緑白色で網状脈が目立つ。
ヒメユズリハ ヒメユズリハ ヒメユズリハ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑