ヒメヤブラン(姫藪蘭)

多年草
北海道西南部〜沖縄の日当たりのよい草地や林下に生える。匐枝を出して増える。葉は根生し、線形で長さ10〜20cm、幅2〜3mm、縁には細鋸歯がある。花茎は高さ10〜15cm、少し扁平で狭い翼があり葉より低い。淡紫色の小さな花がまばらにつく。花被片は長さ約4mmでやや上向きに咲く。種子は球形で直径約4mm、光沢のない黒色。ヤブラン属の果実はさく果だが、果皮が薄くて脱落し、種子がむきだしになって成熟する。花期は7〜9月。(広島の山野草)
学名は、Liriope minor
キジカクシ科ヤブラン属
似た仲間にヤブランがある。


2013年7月20日 美保関雌しべは曲がって上を向く。
ヒメヤブラン花 ヒメヤブラン花 ヒメヤブラン花
花は直径約1cm。内花被片3個、外花被片3個。
ヒメヤブラン花 ヒメヤブラン花 ヒメヤブラン花
ヒメヤブラン花序 ヒメヤブラン ヒメヤブラン



2012年7月15日 美保関花は直径約1cm。
ヒメヤブラン花 ヒメヤブラン花 ヒメヤブラン花
蕾の状態。葉の幅は約3.5mm。
ヒメヤブラン蕾 ヒメヤブラン花序 ヒメヤブラン葉
ヒメヤブラン葉 ヒメヤブラン ヒメヤブラン
2011年7月31日 鹿島雄しべは片側に寄り、雌しべは避けるように伸びる。
ヒメヤブラン花 ヒメヤブラン花 ヒメヤブラン花
ヒメヤブラン花 ヒメヤブラン花 ヒメヤブラン
ヒメヤブラン ヒメヤブラン
2006年8月5日 鹿島
ヒメヤブラン花 ヒメヤブラン ヒメヤブラン
2004年8月21日 西忌部
ヒメヤブラン花 ヒメヤブラン
2016年11月12日 種子 鹿島1花に3個の種子ができたもの。5個の種子ができたもの。
ヒメヤブラン種子 ヒメヤブラン種子 ヒメヤブラン種子
種子は直径約5mm。
ヒメヤブラン種子 ヒメヤブラン種子 ヒメヤブラン種子
種子の中の胚珠、長さ3.5×4mm。
ヒメヤブラン胚珠 ヒメヤブラン胚珠 ヒメヤブラン
ヒメヤブラン ヒメヤブラン
2014年8月18日 若い種子 鹿島1花に3個の種子ができたもの。花茎は長さ約10cm。
ヒメヤブラン種子 ヒメヤブラン種子 ヒメヤブラン花茎
破れた果皮の名残がある。
ヒメヤブラン果序 ヒメヤブラン種子 ヒメヤブラン種子
種子は長さ約4mm。
ヒメヤブラン種子 ヒメヤブラン種子 ヒメヤブラン
ヒメヤブラン
2012年9月6日 若い種子 美保関
ヒメヤブラン種子 ヒメヤブラン種子 ヒメヤブラン
葉の幅は約3mm。葉の裏面。
ヒメヤブラン葉 ヒメヤブラン葉 ヒメヤブラン
2007年9月2日 種子 鹿島
ヒメヤブラン種子 ヒメヤブラン種子


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑