ヒメチドメ(姫血止)

多年草
本州〜九州の庭や石垣、墓地などのやや湿ったところに生える。茎は糸状でよく分枝して地をはい、節からひげ根をだしてふえる。冬には短い円柱状の越冬芽をだし、葉は枯れる。葉は直径0.4〜1cmの扁円形で、掌状に深く5〜7裂し、基部は広く湾入する。葉腋から花柄をだし、先端に帯緑色の小さな花が2〜4個つける。果実は直径約1.5mm。花期は6〜10月。(野に咲く花)
ヒメチドメの仲間
学名は、Hydrocotyle yabei
ウコギ科チドメグサ属


2012年7月18日 大井
ヒメチドメ ヒメチドメ ヒメチドメ
花は直径約1.5mm。葉は表裏とも無毛。
ヒメチドメ ヒメチドメ ヒメチドメ
葉は直径約1.2cm。
ヒメチドメ ヒメチドメ ヒメチドメ
ヒメチドメ



2011年9月7日 朝日山一部にストロボを使用しています。花は4個程度つく。
ヒメチドメ ヒメチドメ ヒメチドメ
葉は直径約1cm。
ヒメチドメ ヒメチドメ ヒメチドメ
ヒメチドメ ヒメチドメ
2011年6月23日 朝日山葉は直径約8mm。
ヒメチドメ ヒメチドメ ヒメチドメ
ヒメチドメ ヒメチドメ
2011年11月12日 鹿島葉は直径約1cm。
ヒメチドメ ヒメチドメ ヒメチドメ
ヒメチドメ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑