ヒメスイバ(姫酸葉)

多年草
ユーラシア原産。明治初期に渡来し、現在では各地の道ばたや荒れ地にふつうに見られる。高さ20〜50cmとスイバより小型で根茎を横にのばしてふえる。葉は長さ2〜7cmのほこ形で、基部は耳状にはりだす。雌雄異株。雌花の内花被片は花のあと大きくならない。花期は5〜8月。(野に咲く花)
学名は、Rumex acetosella
タデ科ギシギシ属


2013年6月27日 雄花 西嫁島
ヒメスイバ雄花 ヒメスイバ雄花序 ヒメスイバ雄花序
ヒメスイバ葉 ヒメスイバ



2013年4月4日 雌花 西嫁島
ヒメスイバ雌花 ヒメスイバ ヒメスイバ葉
ヒメスイバ
2009年6月13日 雌花(雌株) 玉湯
雄花(雄株)
ヒメスイバ雌花 ヒメスイバ雌花 ヒメスイバ雄花
ヒメスイバ雄花 ヒメスイバ葉 ヒメスイバ
2004年5月8日 雄花(雄株) 宍道森林公園
雌花(雌株)
ヒメスイバ雄花 ヒメスイバ雄花 ヒメスイバ雌花
ヒメスイバ雌花 ヒメスイバ雌花 ヒメスイバ葉
2004年5月8日 雌花(雌株) 殿
ヒメスイバ雌花 ヒメスイバ葉 ヒメスイバ
2014年7月9日 果実 西嫁島花被に包まれた果実は長さ約1.5mm。上から。果実は3稜形。
ヒメスイバ果実 ヒメスイバ果実 ヒメスイバ果実
果実は花被に覆われている。花被を除くと果実がある。長さ約1.2mm。
ヒメスイバ果実 ヒメスイバ果実 ヒメスイバ果序
ヒメスイバ果序 ヒメスイバ ヒメスイバ
2012年10月6日 幼葉 西嫁島
ヒメスイバ葉 ヒメスイバ葉 ヒメスイバ葉
ヒメスイバ
2011年5月7日 幼葉 西嫁島
ヒメスイバ葉 ヒメスイバ葉 ヒメスイバ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑