ヒメシラスゲ(姫白菅)

多年草
北海道〜九州の山地のシイ・カシ帯からブナ帯の落葉樹林内に生える。細長い匐枝を出し、疎らに生える。基部の鞘は淡色。葉は鮮緑色で幅4〜8mm。有花茎は高さ15〜30cm。頂小穂は雄性。側小穂2〜5個は雌性、長さ1.5〜3cm、幅4〜5mm。小穂はほとんど柄がなく、茎の上部にかたまってつき、ふつう雄小穂は直下の雌小穂よりも短い。苞は葉身が長く無鞘。雌鱗片は淡緑色、鋭頭、果胞より短い。果胞は長さ3〜4mm、有脈無毛。花柱は落ちやすく、柱頭は3岐。果期は5〜6月。(日本のスゲ)
苞の鞘は短いか無鞘。(岡山県スゲ属植物図譜)
学名は、Carex mollicula
カヤツリグサ科スゲ属ヒメシラスゲ節


2015年5月25日 宍道
ヒメシラスゲ花序 ヒメシラスゲ花序 ヒメシラスゲ花序
小穂は上部に集まる。小穂に柄はほとんどない。雄小穂は長さ約1.8cm。
ヒメシラスゲ花序 ヒメシラスゲ花序 ヒメシラスゲ雄小穂
雌小穂は長さ約2.5cm。雌鱗片は果胞より短い。
ヒメシラスゲ雌小穂 ヒメシラスゲ果胞鱗片 ヒメシラスゲ果胞鱗片
雌鱗片は長さ約2.3mm、鋭く尖る。柱頭は3岐。果胞の先端は長い嘴となる。
ヒメシラスゲ雌鱗片 ヒメシラスゲ柱頭 ヒメシラスゲ
果胞の口部。果胞は長さ約3.3mm。果胞の中の果実。
ヒメシラスゲ ヒメシラスゲ果胞 ヒメシラスゲ果実
果実は長さ約1.5mm、頂部は短く曲がる。苞の鞘は短く、長さ約2mm。
ヒメシラスゲ果実 ヒメシラスゲ果実 ヒメシラスゲ苞鞘
葉は幅約7mm、3脈がはっきりしている。
ヒメシラスゲ葉 ヒメシラスゲ葉裏面 ヒメシラスゲ葉
花茎は長さ約25cm。まばらに生えている。
ヒメシラスゲ ヒメシラスゲ
2014年5月11日 新庄小穂は上部に集まる。小穂にほとんど柄はない。
ヒメシラスゲ花序 ヒメシラスゲ花序 ヒメシラスゲ雌小穂
果胞は開出する。雌小穂は長さ約2cm。
ヒメシラスゲ雌小穂 ヒメシラスゲ花序 ヒメシラスゲ雌小穂
柱頭は3裂し、鱗片は果胞より短い。鱗片は鋭く尖り、長さ約2.5mm。
ヒメシラスゲ果胞 ヒメシラスゲ果胞 ヒメシラスゲ鱗片
果胞は長さ約3.5mm。果胞の口部は2歯がある。未熟な果実、長さ1.3mm。
ヒメシラスゲ果胞 ヒメシラスゲ果胞 ヒメシラスゲ果実
苞は無鞘。葉は幅約9mm。
ヒメシラスゲ果実 ヒメシラスゲ ヒメシラスゲ葉
花茎は長さ約30cm。
ヒメシラスゲ葉裏面 ヒメシラスゲ ヒメシラスゲ
ヒメシラスゲ ヒメシラスゲ ヒメシラスゲ



2012年5月16日 大海崎雄小穂は短い。雌小穂は固まってつく。
ヒメシラスゲ ヒメシラスゲ ヒメシラスゲ
ヒメシラスゲ ヒメシラスゲ ヒメシラスゲ
雌鱗片は果胞より短い。果胞は約3mm。果実は長さ約1.8mm。頂部は曲がった短い嘴状。茎は鋭い3稜形。苞は無鞘。
ヒメシラスゲ ヒメシラスゲ ヒメシラスゲ
ヒメシラスゲ ヒメシラスゲ ヒメシラスゲ
2011年5月14日 宍道
ヒメシラスゲ ヒメシラスゲ ヒメシラスゲ
柱頭は3岐し、果実の頂部は曲がった嘴状。
ヒメシラスゲ ヒメシラスゲ ヒメシラスゲ
ヒメシラスゲ ヒメシラスゲ ヒメシラスゲ
2010年5月8日 八雲市場
ヒメシラスゲ ヒメシラスゲ ヒメシラスゲ
ヒメシラスゲ ヒメシラスゲ ヒメシラスゲ
ヒメシラスゲ ヒメシラスゲ
2007年5月20日 東忌部熊山
ヒメシラスゲ ヒメシラスゲ ヒメシラスゲ
ヒメシラスゲ ヒメシラスゲ
2004年5月5日 京羅木山
ヒメシラスゲ ヒメシラスゲ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑