ヒメオトギリ(姫弟切)

越年草
近畿地方以西〜九州の野原や山麓の湿地に生える。茎は直立して高さ15〜40cm、無毛で4稜がある。葉は長さ5〜13mm、幅3〜10mm、明点があり、基部は茎を抱き、花序のものは小さく線形〜披針形となる。花は直径6〜8mm。萼は長さ2.8〜5mm、明点及び明線があり、花弁は長さ約3mm内外、腺体はない。雄しべは10〜20個。花柱はごく短く、さく果は腺がない。花期は7〜8月。(原色日本植物図鑑)
学名は、Hypericum japonica
オトギリソウ科オトギリソウ属
よく似たコケオトギリは雄しべが5〜8個。


2012年8月19日 東忌部雄しべが10個以上ある。花は直径8mmくらい。
ヒメオトギリ ヒメオトギリ ヒメオトギリ
苞葉は披針形。
ヒメオトギリ ヒメオトギリ ヒメオトギリ
葉は卵形で、長さ約1cm。葉には黒点はなく、明点がある。
ヒメオトギリ ヒメオトギリ ヒメオトギリ
ヒメオトギリ ヒメオトギリ ヒメオトギリ
ヒメオトギリ



半日陰になる神社の境内に毎年生えている。この場所のものは苞葉は線形で、花の直径は約5mmであるが、雄しべは10本未満であり、ヒメオトギリと同定できてない。参考サイト
2012年8月19日 玉湯花は直径約5mm、雄しべは10本未満。
ヒメオトギリ ヒメオトギリ ヒメオトギリ
苞葉は線形。
ヒメオトギリ ヒメオトギリ ヒメオトギリ
葉は長さ約7mmの広卵形。
ヒメオトギリ ヒメオトギリ ヒメオトギリ
ヒメオトギリ ヒメオトギリ ヒメオトギリ
2011年8月10日 玉湯
ヒメオトギリ ヒメオトギリ ヒメオトギリ
花の直径約5mm種子は長さ約0.5mm。
ヒメオトギリ ヒメオトギリ ヒメオトギリ
ヒメオトギリ
2008年9月7日 玉湯
ヒメオトギリ ヒメオトギリ
2008年7月19日 玉湯
線形の苞葉がある。
ヒメオトギリ ヒメオトギリ ヒメオトギリ
ヒメオトギリ ヒメオトギリ ヒメオトギリ
2007年8月16日 果実 玉湯 苞葉は線形。葉は卵形で、茎は四角形。
ヒメオトギリ ヒメオトギリ ヒメオトギリ
果実、長さ約1.5mm。
ヒメオトギリ ヒメオトギリ ヒメオトギリ
種子は長さ約0.5mm。
ヒメオトギリ ヒメオトギリ ヒメオトギリ
ヒメオトギリ


下段は雄しべの数は多いが線形の苞葉が見えないのでヒメオトギリではないかもしれない。
2006年10月1日 乃白
ヒメオトギリ ヒメオトギリ
2006年8月14日 佐草
ヒメオトギリ ヒメオトギリ
2004年7月11日 乃白
ヒメオトギリ ヒメオトギリ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑