ヒメオドリコソウ(姫踊子草)

越年草
ヨーロッパ原産。明治中期に渡来し、東京周辺に特に多い。茎は四角形で高さ10〜25cmになる。葉は対生し、長さ1.5〜3cmの卵円形で鈍い鋸歯があり、網目状の脈が目立つ。上部の葉は密集してつき、赤紫色を帯びる。上部の葉腋に長さ約1cmの淡紅色の唇形花を密につける。花期は4〜5月。(野に咲く花)
学名は、Lamium purpureum
シソ科オドリコソウ属
似た花にモミジバヒメオドリコソウ Lamium hybridum というのがある。  


2014年2月24日 西川津
ヒメオドリコソウ花 ヒメオドリコソウ花 ヒメオドリコソウ花
花冠は長さ約1.1cm。上唇の上面には毛が多い。
ヒメオドリコソウ花 ヒメオドリコソウ花 ヒメオドリコソウ花
萼は長さ5〜6mm。萼を切り開いた、5裂している。萼に毛が散生する。
ヒメオドリコソウ萼 ヒメオドリコソウ萼 ヒメオドリコソウ萼
上部の葉は葉柄が短い。葉は長さ約1.3mm、毛が多く縮緬状。両面に毛が多い。
ヒメオドリコソウ葉 ヒメオドリコソウ葉 ヒメオドリコソウ葉裏面
下部の葉は葉柄が長い。葉は長さ約1.7mm。
ヒメオドリコソウ葉 ヒメオドリコソウ葉 ヒメオドリコソウ葉裏面
ヒメオドリコソウ ヒメオドリコソウ



2013年4月4日 袖師
ヒメオドリコソウ花 ヒメオドリコソウ花 ヒメオドリコソウ
2012年4月10日 枕木萼裂片は細くとがり、脈の一部が黒紫色になる。大きな個体と小さな個体の葉。
ヒメオドリコソウ花 ヒメオドリコソウ花 ヒメオドリコソウ葉
ヒメオドリコソウ葉 ヒメオドリコソウ葉裏面 ヒメオドリコソウ花序
2013年3月31日 萼から落ちる果実 玉湯分果は長さ約2.5mm。分果の背面。基部に種枕がつく。
ヒメオドリコソウ果実 ヒメオドリコソウ果実 ヒメオドリコソウ果実
分果の腹面、稜がある。萼は長さ約9mm。若い果実。
ヒメオドリコソウ果実 ヒメオドリコソウ果実 ヒメオドリコソウ果実
ヒメオドリコソウ果実
2013年3月19日 東出雲萼の中に若い果実が見える。葉の裏に隠れるようになる。
ヒメオドリコソウ花 ヒメオドリコソウ果実 ヒメオドリコソウ果実
果実は、垂れ下がる葉の下で目立たない。萼は長さ約7.5mm、裂片は細く尖る。
ヒメオドリコソウ果実 ヒメオドリコソウ花 ヒメオドリコソウ果実
脈が黒紫色になる。萼には毛がある。萼の中に果実がある。
ヒメオドリコソウ萼 ヒメオドリコソウ萼 ヒメオドリコソウ果実
果実は4分果。若い分果は長さ約2.5mm。若い分果の腹面(上)と背面(下)。
ヒメオドリコソウ果実 ヒメオドリコソウ果実 ヒメオドリコソウ果実
分果の背面は丸い。分果の腹面には稜がある。
ヒメオドリコソウ果実 ヒメオドリコソウ果実 ヒメオドリコソウ
2013年3月11日 果実 乃白萼に包まれた果実。
ヒメオドリコソウ果実 ヒメオドリコソウ果実 ヒメオドリコソウ果実
萼の中に果実(4分果)がある。萼は長さ約6.5mm。萼の中の未熟な果実(4分果)。
ヒメオドリコソウ果実 ヒメオドリコソウ果実 ヒメオドリコソウ果実
未熟な4分果。取り出した未熟な4分果。若い4分果、長さ約2mm。
ヒメオドリコソウ果実 ヒメオドリコソウ果実 ヒメオドリコソウ果実
若い分果の腹面(左)と背面(右)。分果の背面。分果の腹面。
ヒメオドリコソウ果実 ヒメオドリコソウ果実 ヒメオドリコソウ果実
分果の基部に種枕(エライオソーム)がつく。
ヒメオドリコソウ果実 ヒメオドリコソウ果実 ヒメオドリコソウ花序
ヒメオドリコソウ花序 ヒメオドリコソウ
2007年2月4日 幼葉 城山公園
ヒメオドリコソウ幼葉 ヒメオドリコソウ幼葉 ヒメオドリコソウ幼葉
2014年3月24日 秋鹿  除草剤などの影響か、上部の葉が脱色したようになっている。ただ薬剤散布の確認はできていない。
ヒメオドリコソウ ヒメオドリコソウ ヒメオドリコソウ
道路脇の一定の幅のみが脱色したようになっている。
ヒメオドリコソウ ヒメオドリコソウ ヒメオドリコソウ
2005年2月5日 乃白
ヒメオドリコソウ花 ヒメオドリコソウ
2005年3月19日 枕木2005年3月19日 野原
ヒメオドリコソウ花 ヒメオドリコソウ茎 ヒメオドリコソウ花序
2003年4月13日 浜乃木2004年2月21日 大草
ヒメオドリコソウ ヒメオドリコソウ ヒメオドリコソウ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑