ヒメナミキ(姫浪来)

多年草
北海道、本州、九州の湿地に生える。高さ10〜40cm。細い地下茎をのばしてふえる。葉は対生し、長さ1〜2cm、幅0.6〜1cmの狭卵状三角形。上部の葉腋にわずかに淡紫色を帯びた小さな唇形花を1個ずつつける。花冠は長さ約7mmで、下唇に紫色の斑点がある。花期は6〜8月。(野に咲く花)
学名は、Scutellaria dependens
シソ科タツナミソウ属


2006年8月14日 佐草
ヒメナミキ ヒメナミキ
2005年8月20日 佐草
ヒメナミキ ヒメナミキ ヒメナミキ



2005年8月6日 佐草
ヒメナミキ ヒメナミキ ヒメナミキ
ヒメナミキ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑