ヒメコウジ(姫柑子)

常緑低木
北アメリカ原産。葉は暗緑色、幾分革質で光沢がある。葉の縁にはまばらに鋸歯がある。葉の先端は鈍頭。スズラン形で白色の花を開く。果実は直径2cm程度で、9月以降に濃桃赤色に熟す。別名チェッカーベリー。花期は6〜8月。()
学名は、Gaultheria procumbens
ツツジ科シラタマノキ属



2017年6月19日 鉢植え 玉湯花冠の先端は5浅裂する。花後には基部の小さな萼が大きくなる。

ヒメコウジ花

ヒメコウジ花

ヒメコウジ花

花冠は長さ約1cm。

ヒメコウジ花

ヒメコウジ花

ヒメコウジ花

雄しべは10個ある。

ヒメコウジ花

ヒメコウジ花

ヒメコウジ花

花糸の基部は有毛、葯には4個の刺がある。葯の4個の刺状突起。

ヒメコウジ花

ヒメコウジ花

ヒメコウジ花

葯の裏側。鋸歯の先は毛状になる。

ヒメコウジ花

ヒメコウジ葉

ヒメコウジ葉

葉身は長さ約4cm、葉柄は3mm。細かな鋸歯がまばらにあり、先端は毛状。

ヒメコウジ葉

ヒメコウジ葉

ヒメコウジ葉裏面

ヒメコウジ

ヒメコウジ





2017年8月8日 花後 鉢植え 玉湯花後に萼が大きくなり、中の果実を包む。萼の基部に2枚の苞?がある。

ヒメコウジ花後

ヒメコウジ花後

ヒメコウジ花後

ヒメコウジ花後

ヒメコウジ花後


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑