ヒメキンギョソウ(姫金魚草)

1年草
Linaria bipartita(北アフリカ等原産)やLinaria maroccana(モロッコ原産)など、いくつかの種の交配によって誕生した園芸植物で、逸出し野生化しているものもある。草丈は30〜40cm。花の後ろにしっぽのような距がある。紫、赤、ピンク、白、黄色などの花を付けるものがある。花期は4〜6月。
学名は、便宜的に Linaria bipartitaやLinaria maroccanaが使われるようだ。
オオバコ科ウンラン属


2009年4月19日 宍道
ヒメキンギョソウ ヒメキンギョソウ ヒメキンギョソウ
ヒメキンギョソウ ヒメキンギョソウ ヒメキンギョソウ
ヒメキンギョソウ ヒメキンギョソウ ヒメキンギョソウ
ヒメキンギョソウ



2009年4月15日 押し花にしたもの。宍道
ヒメキンギョソウ ヒメキンギョソウ ヒメキンギョソウ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑