ヒメフウロ(姫風露)

越年草
本州や四国の一部の石灰岩地に自生す。全草に特有の臭気があり、軟らかい開出した白毛がまばらにある。茎は基部で分枝して、高さ20〜60cmになる。葉は互生し、長さ3cm、幅5センチほどで、深く3全裂し、小葉はさらに羽状に深裂する。茎の上部の葉は羽状葉状になる。葉腋から長い花序を伸ばして、直径15mmほどの淡紅色の花を1〜2個つける。花弁には2本、濃色の筋がある。雄しべの葯は赤い。果実は長さ2cmほどの嘴状となる。古くなった葉や、結実期に入った全草は赤く染まることが多い。最近、帰化したと思われるものが市街地に見られるようになった。萼片には開出毛と腺毛がある。萼片の先端は芒になる。花期は春。(日本帰化植物写真図鑑)
学名は、Geranium robertianum
フウロソウ科フウロソウ属
図鑑に葯は赤いと記載があるが、帰化植物MLで、「ヒメフウロの葯が赤、うすピンクと黄色の3タイプがあることがわかりました。」と教えていただきました。
ヤサカフウロ(Geranium purpureum)との果実の違い。Manual of the Alien Plants of Belgiumの右の画像がヒメフウロの果実。
参考サイト:「遅咲きの花は葯が黄色」


2013年7月20日2014年8月2日の撮影場所と同じところにあったもの。
2016年6月18日 美保関雄しべの葯は赤色。花は2個ずつつく。
ヒメフウロ花 ヒメフウロ花 ヒメフウロ果実
果実は枯れた柱頭を含めて長さ約22mm。萼は長さ約8mm。萼の中に分果がある。
ヒメフウロ果実 ヒメフウロ果実 ヒメフウロ果実
分果は5個あり、長さ約3mm。分果の側面と腹面(下)、2本の糸がある。分果の背面。
ヒメフウロ分果 ヒメフウロ分果 ヒメフウロ分果
分果の上部。分果に種子が1個あり、長さ約2.3mm。種子の背面。
ヒメフウロ種子 ヒメフウロ種子 ヒメフウロ種子
種子の腹面。種子の側面。葉は3全裂し、更に深裂する。
ヒメフウロ種子 ヒメフウロ種子 ヒメフウロ葉
ヒメフウロ ヒメフウロ ヒメフウロ
裂片が巻き上がり分果を飛ばす。分果には糸がある。
ヒメフウロ ヒメフウロ ヒメフウロ
分果の上部の白色のものが糸。巻き上がって外れた裂片。巻き上がって残っている裂片。
ヒメフウロ ヒメフウロ ヒメフウロ


2016年5月21日 美保関雄しべの葯は赤色。花が2個ずつつく。
ヒメフウロ花 ヒメフウロ花 ヒメフウロ花
若い果実。乾燥した果実。嘴を含めて長さ約2cm。
ヒメフウロ果実 ヒメフウロ果実 ヒメフウロ果実
萼の中に線形の鱗片状のものがある。萼の中の分果。分果の腹面、長さ約3mm。
ヒメフウロ果実 ヒメフウロ果実 ヒメフウロ果実
分果の背面。分果の上部。分果の腹面、種子が1個入る。
ヒメフウロ果実 ヒメフウロ果実 ヒメフウロ果実
種子は楕円形、長さ約2mm。葉は3全裂し、さらに羽裂する。
ヒメフウロ果実 ヒメフウロ葉 ヒメフウロ葉
ヒメフウロ葉裏面 ヒメフウロ ヒメフウロ

当初葯の色からヤサカフウロとしたが、羽状深裂する葉と果実の模様からヒメフウロとした。
「anthers occasionally dull yellow in late flowers」
2013年7月20日 美保関雄しべの葯は黄色。
ヒメフウロ花 ヒメフウロ花 ヒメフウロ花
花弁には2本の濃い筋がある。
ヒメフウロ花 ヒメフウロ花 ヒメフウロ花
花は直径約1.1cm。萼の先は芒になる。柱頭は5裂する
ヒメフウロ花 ヒメフウロ花 ヒメフウロ
若い果実。果実は花柱を含めて長さ約2cm。花後はまだ果体の嘴が伸びていない。
ヒメフウロ果実 ヒメフウロ果実 ヒメフウロ萼
萼や花柄に腺毛がある。萼に長毛や腺毛がある。花柄に腺毛がある。
ヒメフウロ萼 ヒメフウロ萼 ヒメフウロ花柄
葉は3深裂し、更に羽状に中裂する。葉身は約5cm。
ヒメフウロ葉 ヒメフウロ葉 ヒメフウロ葉
葉の縁に腺毛がある。
ヒメフウロ葉 ヒメフウロ葉裏面 ヒメフウロ葉裏面
小葉の裂片の先端は突起になる。節が膨れる。托葉と、茎の腺毛。
ヒメフウロ葉 ヒメフウロ葉 ヒメフウロ茎
托葉茎の腺毛。節が膨れる。
ヒメフウロ托葉 ヒメフウロ茎 ヒメフウロ
ヒメフウロ ヒメフウロ ヒメフウロ
ヒメフウロ
2014年8月2日 美保関雄しべの葯が黄色。
ヒメフウロ花 ヒメフウロ花 ヒメフウロ花
花は直径約1.2cm。
ヒメフウロ花 ヒメフウロ花 ヒメフウロ果実
伸びた花柱と萼は合わせて長さ約2cm。花が終わったばかりの萼。
ヒメフウロ果実 ヒメフウロ果実 ヒメフウロ果実
果実は熟すと萼が開いてくる。開いた萼の基部に5個の分果がある。5個の分果。
ヒメフウロ果実 ヒメフウロ果実 ヒメフウロ果実
萼は直径約5mm。萼の中に5個の分果がある。上から見た果実。
ヒメフウロ果実 ヒメフウロ果実 ヒメフウロ果実
分果の腹面(上)、背面(下)。分果は長さ約3mm、隆起線模様がある。
ヒメフウロ果実 ヒメフウロ果実 ヒメフウロ果実
分果の腹面、1個の種子が入っている。若い種子、長さ約2mm。葉は対生する。
ヒメフウロ果実 ヒメフウロ種子 ヒメフウロ
葉身は長さ約6cm。葉面や葉の縁に毛がある。
ヒメフウロ葉 ヒメフウロ葉 ヒメフウロ葉
裏面の脈上に毛がある。茎に長短の毛がある。
ヒメフウロ葉裏面 ヒメフウロ葉裏面 ヒメフウロ茎
ヒメフウロ ヒメフウロ

2006年4月30日 浜乃木 植栽? 道路脇雄しべの葯が赤い。
ヒメフウロ ヒメフウロ ヒメフウロ
ヒメフウロ ヒメフウロ ヒメフウロ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑