ヒメアシボソ(姫脚細)

1年草
日本全土の湿った草地や林のふちに群生する。高さ0.4〜1m。茎は細く、基部は長く横にはって分枝し、節から根を出して増える。葉は薄く長さ4〜10cm、幅0.8〜1.5cmの披針形で先はとがり、基部は丸い。茎の先に花序の枝を1〜3個直立または斜上する。花序の枝は長さ5〜7cmで、節に緑色または褐紫色を帯びた小穂を2個ずつつける。小穂は長さ4〜6mmで、有柄のものと無柄のものが対になり、芒はほとんどない。花期は9〜10月。(野に咲く花)
学名は、Microstegium vimineum f. willdenowianum
イネ科ササガヤ属
長い芒のあるものは母種のアシボソ


2011年10月12日 東長江
ヒメアシボソ ヒメアシボソ ヒメアシボソ
ヒメアシボソ ヒメアシボソ ヒメアシボソ
ヒメアシボソ ヒメアシボソ



2008年10月12日 上本庄小穂に芒がなく、柄のあるものと無いものが対になる。小穂の柄に毛がある。
ヒメアシボソ ヒメアシボソ ヒメアシボソ

葉の表面。葉の裏面。
ヒメアシボソ ヒメアシボソ ヒメアシボソ
葉鞘に毛がある。
基部は横になって根を出す。
ヒメアシボソ ヒメアシボソ ヒメアシボソ
この群落では花序は1本しか出ていない。
ヒメアシボソ
2007年11月17日 ほとんどが花序の枝を1本出していた。 上乃木
ヒメアシボソ ヒメアシボソ ヒメアシボソ
苞穎には上向きの長毛がある。
ヒメアシボソ ヒメアシボソ ヒメアシボソ
ヒメアシボソ ヒメアシボソ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑