ヒカゲノカズラ(日陰の葛)

常緑性シダ植物
北海道〜九州の日当りのよい山麓に生える。地表を長く這って根を出し、不規則に又状分岐する匍匐茎と、葉を密生させる直立茎をだす。葉は緑色の線形で開出し、杉の葉の様な形状となる。胞子嚢穂の柄は直立して線形の小さい葉を圧着させ、先で分岐して円柱状の胞子嚢穂を数個つける。
学名は、Lycopodium clavatum
ヒカゲノカズラ科ヒカゲノカズラ属



2010年7月18日 胞子嚢穂 上宇部尾

ヒカゲノカズラ

ヒカゲノカズラ

ヒカゲノカズラ

ヒカゲノカズラ




2009年8月1日 胞子嚢穂 宍道

ヒカゲノカズラ

ヒカゲノカズラ

ヒカゲノカズラ

ヒカゲノカズラ

ヒカゲノカズラ

2008年9月1日 胞子嚢穂 玉湯

ヒカゲノカズラ

ヒカゲノカズラ

ヒカゲノカズラ

ヒカゲノカズラ

ヒカゲノカズラ

ヒカゲノカズラ

ヒカゲノカズラ

ヒカゲノカズラ

2009年9月13日 胞子を出した後。 宍道

ヒカゲノカズラ

ヒカゲノカズラ

ヒカゲノカズラ

ヒカゲノカズラ

2015年1月24日 宍道

ヒカゲノカズラ

ヒカゲノカズラ

ヒカゲノカズラ

2008年11月30日 東忌部

ヒカゲノカズラ

ヒカゲノカズラ

ヒカゲノカズラ

2010年1月30日 玉湯

ヒカゲノカズラ

ヒカゲノカズラ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑