ヒイラギ(柊)

常緑小高木
関東地方以西〜沖縄の山地に生える。高さ4〜8mになる。樹皮は灰白色。若い枝には微細な突起毛がある。葉は対生。葉身は長さ3〜7cm、幅2〜4cmの楕円形。厚い革質で硬く、表面は光沢がある。裏面は淡緑色で緑色の細点がある。若木の葉は先端が鋭い刺状になった大型の歯牙が2〜5対あるが、老木の葉は全縁。葉柄は長さ7〜12mm、微細な突起毛がある。雌雄別株。葉腋に香りのよい白い花が束生する。花冠は直径約5mmで、4裂し、裂片はそり返る。雄しべは2個。雄花は雌しべが小さく、結実しない。両性花は雌しべが長くつきでている。果実は核果。長さ1.2〜1.5cmの楕円形で、翌年の6〜7月に紫黒色に熟す。核には網状の突起がある。花期は11〜12月。
冬芽は赤みがかった黄緑色で、先端はとがる。白い短毛がある。(樹に咲く花)
学名は、Osmanthus heterophyllus
モクセイ科キンモクセイ属
似た花にヒイラギモクセイがあり、花冠裂片が反り返らない。


2010年11月20日 雄花 東忌部
ヒイラギ ヒイラギ ヒイラギ
ヒイラギ ヒイラギ ヒイラギ



2007年12月8日 雄花 花冠裂片が反り返る。 東忌部
ヒイラギ ヒイラギ ヒイラギ

冬芽葉は対生する。
ヒイラギ ヒイラギ ヒイラギ
ヒイラギ ヒイラギ ヒイラギ
ヒイラギ
2015年12月2日 東忌部鋸歯のある葉と全縁の葉。
ヒイラギ葉 ヒイラギ葉 ヒイラギ葉裏面
ヒイラギ樹皮 ヒイラギ
2011年5月4日 芽吹き 幼木 大庭
ヒイラギ ヒイラギ ヒイラギ
2011年2月19日 冬芽 大海崎老木では鋸歯がなくなる。
ヒイラギ ヒイラギ ヒイラギ
ヒイラギ ヒイラギ ヒイラギ
ヒイラギ
2010年3月20日 冬芽 幼木 玉湯
ヒイラギ ヒイラギ ヒイラギ
ヒイラギ
2003年12月23日 幼木 佐草
ヒイラギ ヒイラギ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑