ヒゴスミレ(肥後菫)

多年草
宮城県以南〜九州の山地の日当たりのよい草地や林内などに生える。葉は3全裂し、側裂片はさらに全裂し、5全裂状となる。小葉はさらに細かく切れ込む。花は直径1.5cm〜2cm、白色まれに淡紅色で芳香のあるものが多い。側弁は有毛。距は長さ4〜6mm。花期は3〜5月。(山に咲く花)
学名は、Viola chaerophylloides var. sieboldiana
スミレ科スミレ属
スミレの分類



2015年4月8日 西忌部側弁は有毛。

ヒゴスミレ花

ヒゴスミレ花

ヒゴスミレ側弁

距は太い。葉は5全裂状。

ヒゴスミレ距

ヒゴスミレ葉

ヒゴスミレ

ヒゴスミレ

ヒゴスミレ

ヒゴスミレ

葉は5全裂状。

ヒゴスミレ

ヒゴスミレ葉

ヒゴスミレ




2017年5月2日 西忌部側弁は有毛。距は太い。

ヒゴスミレ花

ヒゴスミレ側弁

ヒゴスミレ距

葉は5全裂状になる。

ヒゴスミレ葉

ヒゴスミレ

ヒゴスミレ

2015年4月2日 蕾 西忌部距は太い。

ヒゴスミレ蕾

ヒゴスミレ距

ヒゴスミレ

葉は5全裂状になる。

ヒゴスミレ葉

ヒゴスミレ

ヒゴスミレ

ヒゴスミレ

2014年5月25日 西忌部葉は5全裂状になる。

ヒゴスミレ葉

ヒゴスミレ葉

ヒゴスミレ

閉鎖花。

ヒゴスミレ閉鎖花

ヒゴスミレ

2005年5月8日 西忌部

ヒゴスミレ

ヒゴスミレ

ヒゴスミレ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑