ヒデリコ(日照子)

1年草
北海道〜九州の田畑の畦や日当たりの良い湿地に生える。植物体は叢生し、稈は高さ20〜60cm、平滑、基部に無葉身の鞘がある。基部の鞘は淡色から褐色、扁平。葉は扁平、幅約2mm。花序は数回分枝し、散形で複生、長さ4〜8cm。苞葉の葉身は刺状で花序より短い。小穂は広卵形、長さ2.5〜4mm、褐色。鱗片は卵形、長さ1mm。そう果は倒卵形、長さ約0.6mm、横断面は3稜形、乳白色で光沢があり、表面に浅い横紋があり乳頭状突起をまばらにつける。柱頭はややふくらみ、柱頭は3個。花期は7〜10月。(岡山県カヤツリグサ科植物図譜)
学名は、Fimbristylis miliacea
カヤツリグサ科テンツキ属


2014年9月8日 東忌部花序枝を3〜4回分枝し枝先に1個の小穂をつける。
ヒデリコ ヒデリコ ヒデリコ
苞葉は刺状で花序より短い。小穂は広卵形。
ヒデリコ ヒデリコ ヒデリコ
小穂は長さ約2.5mm。鱗片は長さ約0.9mm。
ヒデリコ ヒデリコ ヒデリコ
柱頭は3岐する。果実は長さ約0.6mm、柱基が広がる。表面に横紋があり、小突起がある。
ヒデリコ ヒデリコ ヒデリコ
花茎は長さ約40cm。
ヒデリコ ヒデリコ ヒデリコ



2014年8月23日 新庄花序は枝を数回分け、枝先に1個の小穂をつける。
ヒデリコ ヒデリコ ヒデリコ
小穂は長さ約2.5mm。鱗片は長さ約1mm。
ヒデリコ ヒデリコ ヒデリコ
柱頭は3岐し、果実は長さ約0.5mm。柱基はやや広がり、盤状になる。
ヒデリコ ヒデリコ ヒデリコ
浅い横紋があり、小突起が疎らにある。花茎は長さ約35cm。
ヒデリコ ヒデリコ ヒデリコ
ヒデリコ
2003年9月28日 乃木福富
ヒデリコ ヒデリコ ヒデリコ
2004年8月10日 乃白
ヒデリコ ヒデリコ ヒデリコ
2003年10月18日 上東川津
ヒデリコ ヒデリコ ヒデリコ
2006年11月25日 小さいがヒデリコのようだ。 佐草
ヒデリコ ヒデリコ ヒデリコ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑