ヘラオオバコ(箆大葉子)

多年草
ヨーロッパ原産の帰化植物。道端に生える。葉は披針形で直立し長さ10〜20cm、幅1.5〜3cm、多少白毛がある。花茎は高さ40〜60cmとなり、縦に5つの溝がある。花は帯白色。花穂は密に多数の花をつけ長さ3〜4cm、幅1cm。苞はうすく乾膜質透明でやや円形、先は鋭尖形。萼は苞とほぼ同長で膜質透明、4片の中2片はひっつき、長さ2.5mm、緑色の肋上にまばらに毛がある。花柱は10mmも長く花外につき出し、葯は長さ2〜2.5mm。種子は2個で黒褐色、長楕円形、長さ2〜2.5mm、腹面に溝がある。花期は6〜7月。(野に咲く花)
学名は、Plantago lanceolata
オオバコ科オオバコ属


2015年5月2日 上本庄花は柱頭の伸びた雌性期から雄しべの伸びる雄性期に移る。
ヘラオオバコ花 ヘラオオバコ花 ヘラオオバコ花
花茎は長さ約40cm。花穂は長さ約3cm。雌性期、雌しべの柱頭が伸びる。
ヘラオオバコ ヘラオオバコ ヘラオオバコ
苞と萼に包まれた花は長さ約4mm。苞と萼の背面に毛がある。左から苞、4個の萼、花。
ヘラオオバコ ヘラオオバコ ヘラオオバコ
4個の萼のうち2個は合着している。苞の先は細く伸び、長さ約5mm。萼は長さ約3.5mm。
ヘラオオバコ ヘラオオバコ ヘラオオバコ
萼のうち2個は合着している。花冠は長さ約3.5mm、雌性期には閉じている。花冠を開くと葯がある。
ヘラオオバコ ヘラオオバコ ヘラオオバコ
葯は4個ある。花冠は筒状で先が4裂する。雌しべが枯れ雄しべが伸びる。
ヘラオオバコ ヘラオオバコ ヘラオオバコ
雄性期、雄しべが2個とれた。花糸が長い。雌しべは枯れ、花冠が平開する。雄しべが伸び始めている。
ヘラオオバコ ヘラオオバコ ヘラオオバコ
雄性期には花冠が平開する。葉はへら形。葉は長さ約15cm。
ヘラオオバコ ヘラオオバコ ヘラオオバコ
葉は表面に毛があり、縁に突起がある。裏面には脈が突出している。葉脈に毛がある。
ヘラオオバコ ヘラオオバコ ヘラオオバコ
花茎の基部には毛が密生する。葉の縁に等間隔に小さな突起が並ぶ。
ヘラオオバコ ヘラオオバコ ヘラオオバコ
ヘラオオバコ



2011年6月9日 西忌部下から咲き上がっていく。
ヘラオオバコ ヘラオオバコ ヘラオオバコ
上部の雌性期の花。雄しべの葯。
ヘラオオバコ ヘラオオバコ ヘラオオバコ
葉は長さ約19cm。
ヘラオオバコ ヘラオオバコ ヘラオオバコ
裏面脈上に長毛がある。
ヘラオオバコ ヘラオオバコ ヘラオオバコ
2007年6月2日 玉湯
ヘラオオバコ ヘラオオバコ
2004年5月15日 袖師
ヘラオオバコ ヘラオオバコ ヘラオオバコ
2007年5月20日 東忌部下部は雄性花、上部は雌性花
ヘラオオバコ ヘラオオバコ ヘラオオバコ
裏面脈上に長毛がある。
ヘラオオバコ ヘラオオバコ ヘラオオバコ
ヘラオオバコ
2015年6月4日 若い果実 上本庄果穂は長さ約6.5cm。
ヘラオオバコ果実 ヘラオオバコ果実 ヘラオオバコ果実
花冠が残っている。
ヘラオオバコ果実 ヘラオオバコ果実 ヘラオオバコ果実
苞と萼に包まれた果実。萼から取り出した果実、花冠が残る。花冠を除いた果実、長さ約4mm。
ヘラオオバコ果実 ヘラオオバコ果実 ヘラオオバコ果実
果実は下半部の横線で割れる。種子は2個あり、長さ約3mm。胎座を挟んで2個の種子がある。
ヘラオオバコ果実 ヘラオオバコ種子 ヘラオオバコ種子
種子の腹面(上)と背面(下)。種子が1個入っているもの。胎座についた種子。
ヘラオオバコ種子 ヘラオオバコ種子 ヘラオオバコ種子
1個の種子(腹面)と胎座。種子の背面。
ヘラオオバコ種子 ヘラオオバコ種子 ヘラオオバコ
2011年7月13日 果実 西忌部
ヘラオオバコ ヘラオオバコ ヘラオオバコ
果実は長さ約4mm。果実の蓋をとると種子が2個見える。
ヘラオオバコ ヘラオオバコ ヘラオオバコ
種子が1個あったもの。白いものは胎座種子の腹面に溝状のくぼみ。
ヘラオオバコ ヘラオオバコ ヘラオオバコ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑