ハチジョウベニシダ(八丈紅羊歯)

常緑シダ植物
本州(三浦半島・伊豆半島・山口県・島根県),九州(霧島山麓)などの海岸近くの山地の林床などに生育する。葉は長さ1m前後。羽片の先は尾状になる。小羽片が線状披針形〜線形で細く、多少鎌状に曲がり、浅裂〜深裂し、斜上する。ソーラスは小型でやや密生してつく。
学名は、Dryopteris caudipinna
オシダ科オシダ属


2013年7月8日 島根最下部の下向き第1小羽片は短い。小羽片は浅く裂け、ソーラスの膨らみがでる。
ハチジョウベニシダ ハチジョウベニシダ ハチジョウベニシダ
ハチジョウベニシダ ハチジョウベニシダ



2011年4月3日 鹿島最下部の下向き第1小羽片は短い。
ハチジョウベニシダ ハチジョウベニシダ ハチジョウベニシダ
ソーラスがつくと表面が膨らむ。葉裏のソーラスの様子。
ハチジョウベニシダ ハチジョウベニシダ ハチジョウベニシダ
中軸の表面中軸の裏面中軸の基部
ハチジョウベニシダ ハチジョウベニシダ ハチジョウベニシダ
フィドルヘッド
ハチジョウベニシダ ハチジョウベニシダ ハチジョウベニシダ
2011年3月19日 安来市赤江
ハチジョウベニシダ ハチジョウベニシダ ハチジョウベニシダ
羽片の先は尾状になる。小羽片は浅裂〜深裂する。ソーラスがつくと表面が膨らむ。
ハチジョウベニシダ ハチジョウベニシダ ハチジョウベニシダ
最下部の下向き第1小羽片は短い。ソーラスは小さい。
ハチジョウベニシダ ハチジョウベニシダ ハチジョウベニシダ
ハチジョウベニシダ ハチジョウベニシダ ハチジョウベニシダ
右手前はベニシダ
ハチジョウベニシダ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑