ハスノハカズラ(蓮の葉葛)

常緑つる性木本
東海地方以西〜沖縄の海岸沿いの山地に生える。葉は互生。葉身は長さ5〜12cm、幅4〜10cmの三角状卵円形。ふちは全縁。両面とも無毛で、裏面はやや白色を帯びる。葉柄は長さ4〜12cmで、葉身に盾状につく。雌雄異株。葉腋から出た花序に淡緑色の小さな花を多数つける。花弁は3〜4個。雄花の萼片は6〜8個。雌花の萼片は3〜4個と少ない。雄花の雄しべ6個は合着して柱状、葯も合着して円盤状。雌花の雌しべは1個。果実は核果。直径6mmの球形で、11月頃赤く熟す。核はやや扁平で両側が凹み、周囲に鎖状の隆起がある。花期は7〜9月。(樹に咲く花)
学名は、Stephania japonica
ツヅラフジ科ハスノハカズラ属


2013年7月20日 雌花 美保関花柱は数個に分岐する。
ハスノハカズラ雌花 ハスノハカズラ雌花 ハスノハカズラ雌花
花は直径約1.2mm、長さ約1.2mm。萼片、花弁とも3〜4個とされる。
ハスノハカズラ雌花 ハスノハカズラ雌花 ハスノハカズラ雌花
ハスノハカズラ雌花 ハスノハカズラ雌花 ハスノハカズラ雌花序
ハスノハカズラ



2013年7月11日 雄花 鹿島
ハスノハカズラ雄花 ハスノハカズラ雄花 ハスノハカズラ雄花
房状花序は直径約1cm、小さな花が密集する。葯は合着し円盤状になる。1個の花は直径約1.5mm。花弁は萼より短い。
ハスノハカズラ雄花 ハスノハカズラ雄花 ハスノハカズラ雄花
ハスノハカズラ葉 ハスノハカズラ葉裏面 ハスノハカズラ
ハスノハカズラ
2005年7月18日 雌花 鹿島
ハスノハカズラ雌花 ハスノハカズラ雌花 ハスノハカズラ雌花
ハスノハカズラ雌花
2004年7月4日 鹿島 葉柄は葉身の内側につく。蕾。
ハスノハカズラ葉 ハスノハカズラ葉 ハスノハカズラ蕾
ハスノハカズラ
2014年11月20日 果実 島根果実は直径約9mm。
ハスノハカズラ果実 ハスノハカズラ果実 ハスノハカズラ果実
果実の横断面、中に核が1個ある。核は長さ約6mm。
ハスノハカズラ核 ハスノハカズラ核 ハスノハカズラ核
核の側面。
ハスノハカズラ核 ハスノハカズラ核 ハスノハカズラ葉
葉は長さ約10cm。葉柄が葉身に楯状につく。
ハスノハカズラ葉 ハスノハカズラ葉裏面 ハスノハカズラ
2013年9月10日 果実 美保関
ハスノハカズラ果実 ハスノハカズラ果実 ハスノハカズラ果実
果実は直径約7mm、核が1個入る。核の中央部は凹み、周辺に隆起がある。核は幅約5mm×長さ約5.5mm。
ハスノハカズラ果実 ハスノハカズラ核 ハスノハカズラ核
核の側面。
ハスノハカズラ核 ハスノハカズラ核 ハスノハカズラ果実
ハスノハカズラ
2004年9月11日 果実 鹿島
ハスノハカズラ果実 ハスノハカズラ果実 ハスノハカズラ
2005年10月30日 果実 鹿島
ハスノハカズラ果実 ハスノハカズラ果実 ハスノハカズラ
2007年10月28日 果実 鹿島
ハスノハカズラ果実 ハスノハカズラ果実
2010年11月3日 果実 鹿島
ハスノハカズラ果実 ハスノハカズラ
2008年12月20日 果実 鹿島
ハスノハカズラ果実 ハスノハカズラ果実 ハスノハカズラ果実
2013年10月28日 冬芽と葉痕 鹿島
ハスノハカズラ冬芽葉痕 ハスノハカズラ冬芽葉痕 ハスノハカズラ冬芽葉痕
ハスノハカズラ果実 ハスノハカズラ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑