ハリヒジキ(針鹿尾菜)

1年草
本州(北端)、北海道に分布。花被は果時に横に明らかにより広い翼がある。花期は7〜10月。(原色日本植物図鑑)
学名は、Salsola tragus
ヒユ科オカヒジキ属
オカヒジキは葉や茎は無毛、花被片が翼状に広がらないか広がりが小さい。
国立環境研究所の日本の外来種全種リストにはノハラヒジキ (Salsola kali var. kali)、ホソバオカヒジキ(Salsola kali var. tenuifolia)、ハリヒジキ(Salsola ruthenica)の3種があがっている。YListではノハラヒジキ、ホソバオカヒジキともハリヒジキの別名としている。


普通のオカヒジキにまじって、中国植物誌画像のNo.7(オカヒジキ S. komarovii)の果実の画像と違い、果実を包む花被が翼状に大きく広がるものがあり、これはハリヒジキと思われる。

2012年9月6日 美保関黄色い葯をつけた雄しべ5個が目立つ。
ハリヒジキ花 ハリヒジキ花 ハリヒジキ花
果実は小苞に挟まれ、花被に包まれている。2個の小苞の間に、横に広がり翼となった花被に包まれた果実がある。
ハリヒジキ果実 ハリヒジキ果実 ハリヒジキ果実
小苞を取り除き、花被に包まれた果実。花被に包まれていた果実。花被を取り除いた果実。
ハリヒジキ果実 ハリヒジキ果実 ハリヒジキ果実
ハリヒジキ ハリヒジキ



2012年9月2日 果実 鹿島花被が翼状に広がっている。
ハリヒジキ果実 ハリヒジキ果実 ハリヒジキ果実
ハリヒジキ ハリヒジキ ハリヒジキ
2012年10月6日 果実 鹿島花被片が翼状に広がり、直径は約5mm。
ハリヒジキ果実 ハリヒジキ果実 ハリヒジキ果実
花被を除くと果実が1個ある。果実は直径約2mm、上部に花柱が宿存する。種皮を除くと胚がある。
ハリヒジキ果実 ハリヒジキ果実 ハリヒジキ胚
らせん状の胚(一部壊れた)。
ハリヒジキ胚 ハリヒジキ ハリヒジキ
2013年10月28日 果実 鹿島花被片が翼状に広がる。
ハリヒジキ果実 ハリヒジキ果実 ハリヒジキ果実
小苞の間に花被に包まれた果実がある。
ハリヒジキ果実 ハリヒジキ果実 ハリヒジキ果実
小苞の間から果実が取れやすい。花被が翼状に広がり、直径約4mm。花被に包まれた果実の裏側。
ハリヒジキ果実 ハリヒジキ果実 ハリヒジキ果実
花被を除いた果実の側面、未熟なのか?。果実の上面。
ハリヒジキ果実 ハリヒジキ果実 ハリヒジキ葉
ハリヒジキ果序 ハリヒジキ ハリヒジキ
2012年10月21日 果実 美保関小苞が尖った三角形となり残る。花被片は硬くなって翼状に広がる。
ハリヒジキ果序 ハリヒジキ果実 ハリヒジキ果実
小苞を含んだ直径は約8mm。小苞を除くと長さ約3mmの花被に包まれた果実がある。
ハリヒジキ果実 ハリヒジキ果実 ハリヒジキ果実
花被を除いた果実。種子の中にらせん状の胚がある。尖った小苞が刺々しい。
ハリヒジキ果実 ハリヒジキ種子 ハリヒジキ苞
ハリヒジキ
2004年11月6日 果実 鹿島
ハリヒジキ ハリヒジキ ハリヒジキ
ハリヒジキ
2004年11月20日 花後 美保関
ハリヒジキ ハリヒジキ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑