ハナウド(花独活)

一稔性多年草
関東地方以西〜九州の川沿いや林のふちなど、やや湿ったところに生える。高さ開0.5〜2m。茎は太く、中空で、長い毛がある。葉は大型の3出複葉または単羽状複葉で、葉柄の基部はふくらんで鞘状になる。小葉は浅〜中裂し、粗い距歯がある。茎の上部に直径約20cmの大型の複散形花序をだし、白色の小さな花を多数つける。小散形花序のふちの花は内側の花より大きく、その花は外側の花弁がほかの4個の花弁より大きい。花弁の先は2裂する。茎の先の花序は実を結ぶが、側生の花序の花は雄性で結実しない。果実は倒卵形、2個の平たい分果が合わさっている。背隆起線は糸状で目立たず、両側は翼状に広がっている。花期は5〜6月。(野に咲く花)
学名は、Heracleum nipponicum
セリ科ハナウド属


2013年6月6日 八雲外周の花は大きく、花弁が2裂する。
ハナウド花 ハナウド花 ハナウド花
外周の花は長さ約7mm。
ハナウド花 ハナウド花 ハナウド果実
若い果実はは長さ約1cm。総苞片、少総苞片がある。
ハナウド果実 ハナウド果実 ハナウド苞
ハナウド花 ハナウド



2009年5月23日 八雲外側の花弁が大きく、2裂する。
ハナウド ハナウド ハナウド
ハナウド ハナウド ハナウド
総苞片がある。小総苞片がある。
ハナウド ハナウド ハナウド

葉柄の基部はふくらんで鞘状になる。
ハナウド ハナウド ハナウド
ハナウド ハナウド
2008年6月1日 八雲外側の花弁が大きくなる。
ハナウド ハナウド ハナウド
総苞片がある。小総苞片がある。花序柄に毛が多い。
ハナウド ハナウド ハナウド
茎には毛が多い。
ハナウド ハナウド ハナウド
葉柄の基部はふくらむ。
ハナウド ハナウド ハナウド


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑