ハナイカダ(花筏)

落葉低木
北海道南部〜九州の丘陵から山地の林内や湿り気のある沢筋に生える。幹は叢生し、上部で多数枝分かれして、高さ1〜3mになる。樹皮は緑色でなめらか。円形や縦長の皮目がまばらにある。本年枝は紫色がかった緑色で無毛。葉は互生。葉身は長さ3〜16cm、幅1.5〜6cmの広楕円形。先は尾状に鋭く尖り、基部は鈍形または広いくさび形。縁には浅い鋸歯があり、鋸歯の先は芒状になって腺に終わる。両面とも無毛。表面は光沢がある。側脈は4〜5対。葉柄は長さ1〜7cm、紫色を帯び、上面には浅い溝がある。葉柄の基部に糸状に裂けた小さな托葉がある。雌雄別株。葉の表面の主脈の中央付近に淡緑色の花をつける。雄花は数個ずつつく。雌花はふつう1個つくが、ときに2〜3個つく。花は直径4〜5mm、花弁は卵状三角形で3〜4個。雄花の雄しべは3〜4個、花柱は退化している。雌花の花柱は3〜4裂、雄しべはない。花柄は2〜3mm。果実は核果、直径7〜10mmの扁球形で葉の真ん中につき、8〜10月に紫黒色に熟す。核は長さ4〜6mmの長楕円形で、表面には網目状の凸凹がある。花期は5〜6月。
冬芽の頂芽は長さ4〜6mmの卵形、赤褐色で無毛。側芽は小さい。葉痕は半円形。維管束痕は大きく1個。
学名は、Helwingia japonica
ハナイカダ科ハナイカダ属


2011年5月14日 雄花 玉湯芽鱗についた花
ハナイカダ雄花 ハナイカダ雄花 ハナイカダ雄花
芽鱗から花柄が伸びている。葉柄基部に糸状の托葉がある。
ハナイカダ雄花 ハナイカダ雄花 ハナイカダ
ハナイカダ ハナイカダ



2005年5月8日 雄花 西忌部
ハナイカダ雄花 ハナイカダ雄花 ハナイカダ
2006年5月21日 雌花 八雲雄花
ハナイカダ雌花 ハナイカダ雄花 ハナイカダ
2012年6月23日 果実 八雲果実は長さ約8mm。果実は幅約7mm。
ハナイカダ果実 ハナイカダ果実 ハナイカダ果実
核は長さ約5mm。
ハナイカダ核 ハナイカダ ハナイカダ
2009年7月18日 果実 八雲
ハナイカダ果実 ハナイカダ果実 ハナイカダ果実
ハナイカダ
2007年7月28日 果実 八雲
ハナイカダ果実 ハナイカダ葉 ハナイカダ葉
ハナイカダ葉裏面 ハナイカダ
2011年5月4日 芽鱗についた蕾 八雲
ハナイカダ ハナイカダ ハナイカダ
2011年4月9日 芽吹き 田和山
ハナイカダ ハナイカダ ハナイカダ
芽鱗についた蕾
ハナイカダ ハナイカダ ハナイカダ
ハナイカダ
2009年11月23日 冬芽 宍道
ハナイカダ葉 ハナイカダ葉 ハナイカダ葉
ハナイカダ葉裏面 ハナイカダ冬芽 ハナイカダ冬芽
ハナイカダ ハナイカダ樹皮 ハナイカダ
2012年3月14日 冬芽 玉湯
ハナイカダ冬芽 ハナイカダ冬芽 ハナイカダ冬芽
葉痕は半円形〜円形。維管束痕は1個がいぼ状に残る。
ハナイカダ葉痕 ハナイカダ葉痕 ハナイカダ
ハナイカダ
2006年3月5日 冬芽 八雲
ハナイカダ冬芽 ハナイカダ冬芽葉痕
2006年2月25日 冬芽 樹皮は緑色でつやがある。 八雲
ハナイカダ冬芽 ハナイカダ冬芽 ハナイカダ樹皮
ハナイカダ樹皮 ハナイカダ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑


他の画像をみる。