ハナハマセンブリ(花浜千振)

1〜越年草
地中海沿岸の原産で北アメリカなどに帰化している。全体無毛。茎は4稜で中空、直立してよく分岐し、高さ20cmほどになる。葉は先の尖った倒卵形で全縁、根生葉はロゼットを形成しない。無柄で対生する。茎の上部でよく分岐し、直径8mmほどの桃色の5裂した花を多数つける。花期は6〜7月。(日本帰化植物写真図鑑)
学名は、Centaurium tenuiflorum
リンドウ科シマセンブリ属
よく似たベニバナセンブリは花の直径が11〜13mmと大きく、普通、花期にも根生葉がロゼット状に残る。


2016年6月14日 乃木福富花の中心部の白さがはっきりしている。
ハナハマセンブリ花 ハナハマセンブリ花 ハナハマセンブリ花
花は直径約1cm。
ハナハマセンブリ花 ハナハマセンブリ花 ハナハマセンブリ花
花冠裂片(a)と筒部(b)の比は1:1.5ある。上部でよく分岐し花を多数つける。
ハナハマセンブリ花 ハナハマセンブリ花 ハナハマセンブリ花
葉は対生し、先端が尖る。葉は十字対生する。茎葉は長さ約3.4cm、全縁。
ハナハマセンブリ葉 ハナハマセンブリ葉 ハナハマセンブリ葉
茎は翼のある4稜形。茎は中空。
ハナハマセンブリ葉裏面 ハナハマセンブリ茎 ハナハマセンブリ茎
ハナハマセンブリ



2016年6月18日 乃木福富
ハナハマセンブリ花 ハナハマセンブリ花 ハナハマセンブリ花
葉は長さ2〜2.5cm。根生葉が残っている。
ハナハマセンブリ葉 ハナハマセンブリ葉 ハナハマセンブリ葉
根際に葉があるがロゼットは形成しない。
ハナハマセンブリ葉 ハナハマセンブリ葉 ハナハマセンブリ
大きなものは高さ約40cm。
ハナハマセンブリ ハナハマセンブリ ハナハマセンブリ
2016年6月30日 若い果実 乃木福富果実は長さ約1cm。
ハナハマセンブリ果実 ハナハマセンブリ果実 ハナハマセンブリ果実
根生葉はない。
ハナハマセンブリ ハナハマセンブリ
雌しべと雄しべ5個。2岐した柱頭。
ハナハマセンブリ ハナハマセンブリ ハナハマセンブリ
捩じれて花粉を出す葯。花粉は俵型。俵型以外に小さな花粉が多くある。
ハナハマセンブリ ハナハマセンブリ花粉 ハナハマセンブリ花粉
2016年7月19日 果実 乃木福富裂開していない果実。熟すと2裂して種子を出す。
ハナハマセンブリ果実 ハナハマセンブリ果実 ハナハマセンブリ果実
果実は長さ約1cm。2裂した果実。
ハナハマセンブリ果実 ハナハマセンブリ果実 ハナハマセンブリ果実
種子は小さい。種子は長さ0.26〜0.28mm。長さ0.24〜0.30mm。
ハナハマセンブリ種子 ハナハマセンブリ種子 ハナハマセンブリ種子
種子に網目模様がある。
ハナハマセンブリ種子 ハナハマセンブリ種子 ハナハマセンブリ
ハナハマセンブリ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑