ハナハギ(花萩)

落葉小低木
モンゴル南部、中国北部、朝鮮半島原産。1990年代に工事が行われた高知県土佐清水市の林道で2000年に採集された。茎は直立し枝は垂れ高さ1〜2m。葉は3出複葉で小葉は楕円形〜広楕円形。在来のツクシハギに似ていて、花や果実のない状態では区別が難しい。頂小葉は側小葉より大きく、先は鋭頭、花は花序の1節に1花だけつけ、竜骨弁の舷部は中央で著しく内曲し、舷部の先は尖る。花序軸や小花柄には腺毛があることが特徴。類似のツクシハギは小葉は楕円形〜倒卵形で先はわずかに凹み、花序軸や小花柄に蜜腺はない。花期は秋。(日本帰化植物写真図鑑)
学名は、Campylotropis macrocarpa
マメ科ハナハギ属

参考画像「徳島県立博物館」
 よく似たウンナンハギ(C. polyantha)との区別・・「側小葉基部の小托葉に注目すると、 C. polyantha は全ての葉で小托葉を必ず持つため、小托葉を持たないか、または痕跡的にしか持たない C. macrocarpa とは容易に識別できる。「マメ科ハナハギ属の分類学的研究 II」
 「中国植物物種信息数据庫」には次のように記載されていますが、私が日本語訳したものであり、間違っている部分も多いと思います。下線部は部位など名称が不明のため訳していません。

「潅木、高さ1〜2(〜3)m。小枝は短または長軟毛の伏毛があり、若い枝は毛が密生、綿毛、老枝は無毛。羽状複葉で3小葉、托葉は狭三角形、披針形または披針状錐形、長さ(2〜)3〜6mm。葉柄は長さ(1〜)1.5〜3.5cm、短軟毛または長軟毛がやや密生、枝上部(または中部)の葉柄は短く、時に1cm未満。小葉は楕円形または広楕円形、時に長円形、長さ(2〜)3〜7cm、幅1.5〜3.5(〜4)cm、先端は円形、鈍または微凹、小凸尖があり、基部は円形、稀にくさび形、上面はふつう無毛、脈は明瞭、下面はふつう短軟毛または長軟毛の伏毛があり密生、中肋は明瞭で隆起し、毛が密生する。総状花序は1(まれに2)個が腋生または頂生し、<花序連総花梗長4〜10cm或有時更長、総花梗長1〜4(〜5)cm、>花序軸には開出する短軟毛または微軟毛が密生し、総花柄には短軟毛が斜生または伏毛となり、まれに綿毛がある。苞片は卵状披針形、長さ1.5〜3mm、早落または花後に落ちる。小苞片は線形または披針形、長さ1〜1.5mm、早落。花柄は長さ(4〜)6〜12mm、開出する微毛または短軟毛がある。極稀に伏毛がある。萼は鐘形、長さ3〜4(〜5)mm、やや浅裂または中裂、まれにやや深裂または深裂、ふつう短軟毛が伏毛となる。萼裂片は狭三角形または三角形、しだいに尖る。下方の裂片は狭長、上方の裂片はほとんど合成または少し分離する。花冠は紫紅色またはピンクに近い、長さ10〜12(〜13)mm、稀に10mm未満。旗弁は楕円形、倒卵形または長楕円形、基部は狭まる。弁柄は長さ0.9〜1.6mm、翼弁は旗弁よりやや短いか同長、竜骨弁は直角または微鈍角に内曲する。<弁片上部通常比弁片下部(連弁柄)短1-3(3.5)mm。>さく果は長円形、ほぼ長円形または楕円形、長さ(9〜)10〜14(〜16)mm、幅(3.5〜)4.5〜5.5mm、先端はくちばし状に短く尖る。果頚は長さ1〜1.4(〜1.8)mm、稀に1mm未満、無毛、網脈があり、辺縁に繊毛がある。花期は(5〜)6〜10月」



2015年9月14日 宍道旗弁の基部に緑色の斑がある。花序の1節に1花だけがつく。
ハナハギ花 ハナハギ花 ハナハギ花序
ハナハギ花序 ハナハギ



2013年9月19日 宍道旗弁の基部に緑色の斑がある。花序の1節に1花だけがつく。
ハナハギ花 ハナハギ花 ハナハギ花
花は萼を含めて長さ約1cm。翼弁を除いた花。竜骨弁が中央で曲がる。
ハナハギ花 ハナハギ花 ハナハギ花
若い果実。
ハナハギ花序 ハナハギ果実 ハナハギ果実
果実は長さ約1.2cm。果実の表面は無毛、縁に毛がある。萼は長さ約4.5mm、裂片の先は尖る。
ハナハギ果実 ハナハギ果実 ハナハギ萼
花序枝、花柄に毛が密生する。花柄の毛に腺毛が混じる。
ハナハギ花柄 ハナハギ花柄 ハナハギ花柄
頂小葉は長さ約6cm。表面は無毛。
ハナハギ花葉 ハナハギ葉 ハナハギ葉
裏面には伏毛が密生する。側小葉の基部に小托葉はない。
ハナハギ葉裏面 ハナハギ葉裏面 ハナハギ
若い枝には伏毛が密生する。托葉は狭三角形。
ハナハギ ハナハギ ハナハギ托葉
成熟した枝は無毛。
ハナハギ樹皮 ハナハギ樹皮 ハナハギ
ハナハギ
2013年9月10日 美保関旗弁の基部に緑色の斑がある。
ハナハギ花 ハナハギ花 ハナハギ花
花は長さ約1cm。竜骨弁は著しく内曲する。旗弁、翼弁、雌しべ、竜骨弁、翼弁。
ハナハギ花 ハナハギ花 ハナハギ
小葉は長さ約4.5cm。表面は無毛。
ハナハギ葉 ハナハギ葉 ハナハギ葉裏面
裏面には伏毛がある。線形の托葉がある。若い枝には毛が密生する。
ハナハギ葉裏面 ハナハギ托葉 ハナハギ枝
ハナハギ樹皮 ハナハギ ハナハギ
ハナハギ ハナハギ
2012年9月6日 林道法面 美保関旗弁の基部に緑色の斑がある。花序の1節に1花だけがつく。
ハナハギ花 ハナハギ花 ハナハギ花
ハナハギ花 ハナハギ花 ハナハギ花
花序柄は長さ約3.5cm。竜骨弁は著しく内曲する。
ハナハギ ハナハギ ハナハギ
萼の上唇は浅く小さく2裂する。小苞片は長さ約1.5mm。花柄に毛が密生する。
ハナハギ ハナハギ ハナハギ
花柄の毛の拡大。花序軸に毛が密生する。葉は3出複葉。
ハナハギ ハナハギ ハナハギ葉
葉柄は約3cm、頂小葉は長さ約4.5cm。小葉の先は円頭でわずかに凹む。小葉の先端に小さな刺状の突起がある。
ハナハギ葉 ハナハギ葉 ハナハギ葉
小葉の表面は無毛。裏面には伏毛が密生する。
ハナハギ葉 ハナハギ葉裏面 ハナハギ葉裏面
側小葉の基部に小托葉はない。葉柄基部の托葉は長さ約3mm。
ハナハギ ハナハギ托葉 ハナハギ
枝に稜があり、枝や葉柄に毛が密生する。幹にも毛がある。
ハナハギ ハナハギ枝 ハナハギ樹皮
ハナハギ ハナハギ
2012年10月2日 果実 美保関
ハナハギ果実 ハナハギ果実 ハナハギ花
若い果実。種子は1個入る。
ハナハギ果実 ハナハギ果実 ハナハギ種子
熟した果実。長さ約1.2cm。果皮は無毛、縁に毛がある。種子は長さ約7mm。
ハナハギ果実 ハナハギ果実 ハナハギ種子
ハナハギ ハナハギ ハナハギ
2013年4月25日 冬芽 美保関
ハナハギ冬芽 ハナハギ ハナハギ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑