ハマウツボ(浜靭)

1年生寄生植物
日本全土の海岸や河原の砂地に生える。キク科のヨモギ属、とくにカワラヨモギに寄生することが多い。全体に軟毛が多い。茎は黄褐色で太く、直立して高さ10〜25cmになり、鱗片状に退化した葉がつく。茎の上部に淡紫色の花が穂状に多数つく。花冠は唇形で長さ約2cm。上唇は先端がへこみ、下唇は3裂する。縁が波打つのが特徴。柱頭は先端がふくらんで横に広がり、中央部はへこむ。萼は膜質で2裂し、裂片はさらに2裂する。花期は5〜7月。(野に咲く花)
学名は、Orobanche coerulescens
ハマウツボ科ハマウツボ属


2014年6月30日 島根花冠に毛が多い。下唇は3裂する。
ハマウツボ花 ハマウツボ花 ハマウツボ花
花は長さ約1.8cm。
ハマウツボ花 ハマウツボ花 ハマウツボ花
柱頭は2個の球形。葉は退化した鱗片葉。
ハマウツボ花 ハマウツボ花 ハマウツボ葉
カワラヨモギに寄生している。
ハマウツボ ハマウツボ



2014年9月14日 果実 島根枯れた花冠が残っている。
ハマウツボ果実 ハマウツボ果実 ハマウツボ果実
果実は長さ約6mm。微細な種子が多数入っている。種子は長さ0.25〜0.3mm。
ハマウツボ果実 ハマウツボ種子 ハマウツボ種子
種子の表面には変形な網目状の凹みがある。
ハマウツボ種子 ハマウツボ ハマウツボ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑