ハマニガナ(浜苦菜)

多年草
日本全土の海岸の砂地に生える。地下茎を長くのばしてふえる。葉は厚く、長い柄がある。砂をかぶっても、すぐに茎をのばして葉を砂の上にだす。葉身は長さ、幅とも3〜5cmで、掌状に3〜5中〜全裂し、変化が多い。基部は心形。葉腋から長さ約10cmの花茎をのばし、直径2〜3cmの黄色の頭花をつける。総苞は長さ約1cmの円筒形。外片は外側のものほど短い。そう果は長さ約6〜7mmで上部の嘴状の部分は短い。花期は4〜10月。(野に咲く花)
学名は、Ixeris repens
キク科ニガナ属


2015年7月2日 鹿島花は舌状花のみからなる。
ハマニガナ花 ハマニガナ花 ハマニガナ花
花は直径約3cm。
ハマニガナ花 ハマニガナ花 ハマニガナ花
舌状花は長さ約2cm、長い冠毛がある。花が萎んだ総苞。
ハマニガナ舌状花 ハマニガナ花後 ハマニガナ花序
ハマニガナ ハマニガナ
2005年5月4日 鹿島
ハマニガナ ハマニガナ ハマニガナ
2005年8月30日 鹿島地下茎を長く伸ばす。
ハマニガナ ハマニガナ ハマニガナ



>
2005年11月5日 島根
ハマニガナ ハマニガナ
2004年11月6日 鹿島
ハマニガナ ハマニガナ ハマニガナ
2015年8月1日 果実 鹿島総苞の中から白い冠毛がのぞいている。
ハマニガナ果実 ハマニガナ果実 ハマニガナ果実
果実を包む総苞は長さ約1cm。冠毛は長さ約7mm。
ハマニガナ果実 ハマニガナ果実と冠毛 ハマニガナ果実と冠毛
果実は長さ約1.3mm、嘴は非常に短い。冠毛には上向きの微小な刺がある。
ハマニガナ果実 ハマニガナ冠毛 ハマニガナ冠毛
ハマニガナ ハマニガナ
2012年7月2日 鹿島地下茎で繋がっており、1列に並んでいる。
ハマニガナ ハマニガナ ハマニガナ
2011年10月19日 美保関切れ込みの多い葉もある。
ハマニガナ ハマニガナ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑