ハマムギ(浜麦)

多年草
北海道〜九州の海岸の草原に生育し、散生またはまばらに群生する。根茎は短く、ほふく根茎を欠き、越冬芽は地表に現れる。茎は直立・叢生。葉は無毛。葉舌は短く長さ1mm。葉耳は挟三角形。成葉の葉鞘は無毛。花序は穂状、やや湾曲し長さ10〜20cm。小穂は花軸に通常双生し、長さ8〜10mm、3〜4個の小花からなる。苞穎は被針形、ほぼ同長、7〜11mm、有芒。護穎は披針形、3〜5脈があり、長さ8〜10mm、先は長さ10〜20mmの芒となる。芒は少し外側に屈曲する。内穎は護穎と等長。果実は黄褐色、頭部に白毛を被り長さ5〜6mm。花期は7月。(日本イネ科植物図譜)
学名は、Elymus dahuricus
イネ科エゾムギ属


2015年6月21日 島根花序は長さ約11cm。
ハマムギ ハマムギ ハマムギ
小穂は2個ずつついている。2個ずつついた小穂。護穎に長さ約2.5cmの芒がある。
ハマムギ ハマムギ ハマムギ
3小花がある。苞穎の先は芒となる。
ハマムギ ハマムギ ハマムギ
葉舌はごく短い。葉鞘や茎は無毛。
ハマムギ ハマムギ ハマムギ



2014年6月30日 島根花序は長さ約14cm。小穂が節に2個ずつついている。
ハマムギ ハマムギ ハマムギ
小穂は長さ約13mm、芒が20mm以上ある。
ハマムギ ハマムギ ハマムギ
苞穎は2個がほぼ同長、先端が芒になる。苞穎は長さ約8mm。
ハマムギ ハマムギ ハマムギ
4小花があり、護穎には長い芒がある。内穎は護穎と等長、長さ約10mm。若い果実は長さ約5mm、頭部に毛がある。
ハマムギ ハマムギ ハマムギ
果実の頭部の毛。葉鞘は無毛。
ハマムギ ハマムギ ハマムギ
葉舌は短い。高さは約1m。
ハマムギ ハマムギ ハマムギ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑