ハマダイコン(浜大根)

多年草
日本全土の海岸の砂地に生える。茎は高さ30〜70cm、根はあまり太くならない。葉は両面に毛を散生し、葉柄と共に長さ5〜20cm、幅2〜5cm、羽状に全裂し側羽片は2〜7対。花は淡紅紫色。花弁は長さ2cm内外、紫脈があり、基部は長い爪がある。果実は無毛、長さ5〜8cm、2〜5個の種子があり、じゅず状にくびれて先は細くとがる。熟しても裂開しない。ダイコンの野生化したものと考えられる。花期は4〜6月。(原色日本植物図鑑)
学名は、Raphanus sativus var. raphanistroides
アブラナ科ダイコン属
栽培ダイコンの野生化したものといわれていたが最近では、藤田智「恵泉 野菜の文化史(1)ダイコン「、「ハマダイコンの多くは、栽培種の逸出野生化したものでなく、大 陸から古い時代に渡来した野生ダイコンの後代」などとされる。


2014年3月31日 鹿島萼片4個は直立する。花は直径約2cm。
ハマダイコン花 ハマダイコン花 ハマダイコン花
ハマダイコン花 ハマダイコン花 ハマダイコン花
葉は根生する。根生葉は長さ約12cm。粗い毛がある。
ハマダイコン葉 ハマダイコン葉 ハマダイコン葉
葉軸や葉脈に毛がる。上部の茎葉は羽状にならない。
ハマダイコン葉裏面 ハマダイコン葉裏面 ハマダイコン葉
茎に刺状の毛がある。
ハマダイコン葉裏面 ハマダイコン茎 ハマダイコン
ハマダイコン



2010年3月6日 玉湯
ハマダイコン ハマダイコン ハマダイコン
ハマダイコン ハマダイコン
2009年4月19日 玉湯根尾
ハマダイコン ハマダイコン
2007年3月10日 島根加賀
ハマダイコン ハマダイコン ハマダイコン
ハマダイコン
2012年6月25日 果実 玉湯果実は節毎に切れる。
ハマダイコン ハマダイコン ハマダイコン
節の所で区切られている。種子は長さ約3.5mm。
ハマダイコン ハマダイコン ハマダイコン
ハマダイコン
2012年5月24日 若い果実 玉湯種子が1〜6個入っている。果実の先端が細長くとがる。
ハマダイコン ハマダイコン ハマダイコン
横断面。くびれの所で仕切られている。縦断面。種子はコルク質の果皮に包まれる。
ハマダイコン ハマダイコン ハマダイコン
ハマダイコン ハマダイコン
2004年5月23日 果実 鹿島古浦
ハマダイコン ハマダイコン
2004年11月20日 ロゼット 美保関北浦
ハマダイコン ハマダイコン
2007年3月31日 末次湖岸
ハマダイコン ハマダイコン
2005年4月9日 鹿島古浦
ハマダイコン ハマダイコン
2005年11月5日 島根加賀
ハマダイコン ハマダイコン
2004年4月18日 鹿島古浦
ハマダイコン ハマダイコン ハマダイコン


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑