ハマビワ(浜枇杷)

常緑小高木
山口・島根県〜沖縄の沿海地に生える。高さ7mほどになる。幹は叢生し、楕円形の樹形をつくる。樹皮は褐色でなめらか。新枝は太く、黄褐色の綿毛が密生する。葉は互生。枝先に集まってつく。葉身は長さ7〜15cm、幅2〜5cmの長楕円形。先端はまるく、基部は広いくさび形。革質で厚く、全縁。ふちはやや裏面にそり気味になる。表面は無毛で、光沢があり、裏面は黄褐色の綿毛が密生する。葉脈は裏面に隆起する。葉柄は長さ1.5〜4cmで、黄褐色の綿毛が密生する。雌雄別株。葉の腋に黄白色の小さな花が集まった花序が数個つく。1個の花序に5〜6個の花がある。総苞片は4〜6個、直径7〜8mmの円形で、外面には軟毛が密生する。花被は筒状、外面、内面ともに有毛で、上部は6裂する。雄花の雄しべは9〜12個、花被から長くつきでる。葯は4室。雌花には雌しべ1個と仮雄しべが6個ある。雄花の雄しべと雌花の仮雄しべの内側の3個の基部には腺体がつく。子房は球形で、柱頭は2〜3裂する。果実は液果。長さ1.5cmほどの楕円形で、緑色のまま冬を越し、翌年の春から初夏にかけて碧紫色に熟す。基部は杯状にふくらんだ果床に包まれる。種子は楕円形で暗褐色。花期は10〜11月。
冬芽の葉芽は長楕円形で先はややとがる。細い白毛のある幅の広い鱗片に包まれる。花芽は球形で、新枝の葉のわきにつく。(樹に咲く花)
学名は、Litsea japonica
クスノキ科ハマビワ属


2014年9月18日 雌花 島根
ハマビワ雌花 ハマビワ雌花 ハマビワ雌花
雌花序は長さ約1cm、総苞に包まれている。総苞の中に6個の花があった。雌花は長さ約6mm。
ハマビワ雌花 ハマビワ雌花 ハマビワ雌花
花被は筒状で先が6裂する。雌花の縦断面、雌しべと仮雄しべ6個。
ハマビワ雌花 ハマビワ雌花 ハマビワ雌花
内側の仮雄しべに腺体がつく。仮雄しべと腺体。花被の内側の毛。
ハマビワ雌花 ハマビワ雌花 ハマビワ雌花
花被の外側の毛。総苞。
ハマビワ雌花 ハマビワ ハマビワ
ハマビワ
雄花。
ハマビワ雄花 ハマビワ雄花 ハマビワ雄花
総苞の中に雄花が7個あった。雄花は長さ約1cm
ハマビワ雄花 ハマビワ雄花 ハマビワ雄花
雄しべの基部に腺体がつく。
ハマビワ雄花 ハマビワ雄花 ハマビワ雄花
葯は4室ある。
ハマビワ雄花 ハマビワ ハマビワ



2011年9月24日 雌花 鹿島
ハマビワ ハマビワ ハマビワ
若い果実
ハマビワ ハマビワ ハマビワ
ハマビワ
2011年9月10日 雄株 島根
ハマビワ ハマビワ ハマビワ
ハマビワ
雌株
ハマビワ ハマビワ ハマビワ
ハマビワ ハマビワ
2010年10月11日 雄株 島根
ハマビワ ハマビワ ハマビワ
ハマビワ
雌株
ハマビワ ハマビワ ハマビワ
ハマビワ ハマビワ ハマビワ
ハマビワ ハマビワ ハマビワ
ハマビワ
2007年10月28日 花後 雄株 鹿島雌株
ハマビワ ハマビワ
2012年5月26日 果実 鹿島長さ約2cm。果皮を破ると種子が1個ある。
ハマビワ ハマビワ ハマビワ
種子は長さ約1.6cm。
ハマビワ
2004年5月23日 果実 鹿島
ハマビワ ハマビワ ハマビワ
2004年4月18日 若い果実 鹿島
ハマビワ ハマビワ ハマビワ
ハマビワ ハマビワ ハマビワ
ハマビワ ハマビワ
2005年11月5日 島根 雄株 花後雌株 幼果
ハマビワ ハマビワ ハマビワ
2015年4月22日 若葉 島根若葉と若い果実。
ハマビワ若葉 ハマビワ若葉 ハマビワ若葉
ハマビワ樹皮 ハマビワ
2011年4月29日 芽吹き 島根
ハマビワ ハマビワ ハマビワ
2007年3月10日 冬芽 島根
ハマビワ ハマビワ
2008年12月20日 幼木 鹿島
ハマビワ ハマビワ ハマビワ
ハマビワ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑