ハクウンボク(白雲木)

落葉小高木
北海道〜九州の山地の落葉樹林に生える。高さ6〜15mになる。樹皮は灰黒色。はじめはなめらかだが、古くなると縦に浅く裂ける。若枝は緑色で細かい星状毛がある。2年枝は表皮が縦に短冊状に割れてはがれ落ち、暗紫褐色になる。樹皮は灰白色。葉は互生。葉身は長さ10〜20cm、幅6〜20cm倒卵形、先端は短く尾状にとがり、基部は広いくさび形。ふちには先端が突起状になった歯牙状の鋸歯がある。裏面は星状毛が密生し、灰白色。葉柄は長さ1〜2cm。枝先から垂れ下がった総状花序に白色の花を20個ほどつける。花序は長さ8〜17cm、花には長さ7〜10mmの短い柄がある。花冠は長さ約2cm、5深裂する。雄しべは10個、花糸は無毛。雌しべは1個。花柱は雄しべより長く、花冠より短い。萼は杯状で5歯があり、星状毛が密生する。果実はさく果。直径1.5cmほどの球形で、先はややとがり、表面には星状毛が密生する。熟すと果皮が縦に裂け、褐色の種子を1個だす。花期は5〜6月。
冬芽は、葉柄の基部に包まれ、落葉するまで見えない。長さ5〜8mmの長卵形で、芽鱗はなく、裸芽で細かい黄褐色の毛におおわれる。基部には副芽が発達する。葉痕はO字形で冬芽を取り囲み、やや隆起する。(樹に咲く花)
学名は、Styrax obassia
エゴノキ科エゴノキ属


2005年5月28日 八雲
ハクウンボク ハクウンボク ハクウンボク
2005年7月17日 実 八雲
ハクウンボク ハクウンボク ハクウンボク
本年枝の基部の葉は対生のように出る。葉柄の基部は冬芽を包む。
ハクウンボク



2011年6月29日 幼木 八雲
ハクウンボク ハクウンボク ハクウンボク
ハクウンボク ハクウンボク ハクウンボク
ハクウンボク
2009年7月5日 幼木 八雲
ハクウンボク ハクウンボク ハクウンボク
ハクウンボク
2006年3月5日 冬芽 八雲
ハクウンボク ハクウンボク ハクウンボク
ハクウンボク

2007年9月23日 大山滝
ハクウンボク ハクウンボク ハクウンボク
3出複葉の葉のように見える。
ハクウンボク ハクウンボク ハクウンボク


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑