ハコネウツギ(箱根空木)

落葉小高木
北海道南部〜九州の沿海地の海岸林に生える。下部からよく分枝してこんもりと茂り、高さ5mほどになる。樹皮は灰褐色。縦に裂けて、はがれ落ちる。枝は茶褐色、ときに紫褐色で、ほぼ無毛で稜がある。葉は対生。葉身は長さ6〜16cm、幅4〜8cmの楕円形〜広卵形。先端はとがり、基部は円形〜広いくさび形。ふちには細かい鋸歯がある。表面はやや光沢があり、裏面はほとんど無毛、または脈上にすこし毛がある。葉柄は長さ8〜15mm、少し毛がある。枝先や葉腋に2〜3個ずつ花をつける。花ははじめ白色で、しだい紅色に変化する。花冠は長さ2.8〜3.2cmの漏斗形で、上部は5裂する。花筒は上半部で急に鐘状に広がる。子房は長さ1.5〜2cmの円筒形で、一見すると花柄のように見える。雄しべは5個、花筒とほぼ同長。花柱は1個、花筒から少しつきでる。萼は基部まで5裂する。苞は長さ2〜12mmの披針形〜線形。果実はさく果。長さ2.7〜3cmの円筒形。11月頃熟すと裂開する。種子は長さ約1.5mmの楕円形で翼がある。 花期は5〜6月。
 冬芽は、長さ3〜7mmの卵形。芽鱗は褐色で、7〜8対ある。葉痕は腎臓形〜三日月形。維管束痕は3個。(樹に咲く花)
学名は、Weigela coraeensis
スイカズラ科タニウツギ属


2016年5月21日 乃木福富花の色は白から赤へ変化する。花冠の上部は5裂する。
ハコネウツギ花 ハコネウツギ花 ハコネウツギ花
柱頭は花筒から少し出る。花冠は長さ約3cm、萼の上で急に広がる。花冠は直径約2cm。
ハコネウツギ花 ハコネウツギ花 ハコネウツギ花
萼は5深裂し、子房は花柄のように長い。葉の先は尖り、葉身は長さ約11cm。
ハコネウツギ ハコネウツギ葉 ハコネウツギ葉
表面は無毛だが、葉脈に毛がある。葉の裏面。
ハコネウツギ葉 ハコネウツギ葉 ハコネウツギ葉裏面
裏面は無毛、葉脈に毛が散生する。枝は無毛、葉柄に毛がある。
ハコネウツギ葉裏面 ハコネウツギ葉裏面 ハコネウツギ
樹皮は灰褐色。
ハコネウツギ ハコネウツギ ハコネウツギ
道路法面に野生化している。
ハコネウツギ



2016年7月24日 若い果実 乃木福富果実の先端は細くなる。果実は円筒形、直径約3mm、長さ約2.5cm。
ハコネウツギ果実 ハコネウツギ果実 ハコネウツギ果実
果実の横断面、4室ある。若い種子は翼を含めて長さ1〜1.7mm。種子の周りに翼がある。
ハコネウツギ ハコネウツギ種子 ハコネウツギ種子
ハコネウツギ種子 ハコネウツギ種子 ハコネウツギ
2016年10月31日 果実 乃木福富果実は先端から2裂し種子を出す。
ハコネウツギ果実 ハコネウツギ果実 ハコネウツギ果実
果実は長さ約2.5cm、先は中軸となる。種子は翼を含めて長さ約1.5mm。種子の周りに翼がある。
ハコネウツギ果実 ハコネウツギ種子 ハコネウツギ種子
種子は翼を含めて1.8mmある。種子に網目模様がある。
ハコネウツギ種子 ハコネウツギ種子 ハコネウツギ種子
ハコネウツギ ハコネウツギ

2003年5月20日 植栽 中原
ハコネウツギ ハコネウツギ
2006年1月22日 冬芽 植栽 浜乃木
ハコネウツギ ハコネウツギ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑