ハカタシダ(博多羊歯)

常緑性シダ植物
新潟、福島県以西〜九州の低山地から山地のやや乾いた林床に生える。葉柄基部に線状披針形で褐色の鱗片がつく。葉は2回羽状複葉。側羽片は3〜5対で、先端の羽片は急に短くなり、長い頂羽片となる。最下部基部の第1小羽片は長く伸びる。ソーラスは小羽片の中肋と辺縁の中間につく。
学名は、Arachniodes simplicior
オシダ科カナワラビ属


2009年2月15日 玉湯はっきりした頂羽片がある。最下部第1羽片が長い。
ハカタシダ ハカタシダ ハカタシダ
ハカタシダ ハカタシダ ハカタシダ
線状の鱗片がある。
ハカタシダ ハカタシダ ハカタシダ



2008年12月20日 荘成
ハカタシダ ハカタシダ ハカタシダ
ハカタシダ ハカタシダ ハカタシダ
ハカタシダ ハカタシダ
2008年9月1日 玉湯頂羽片がはっきりしている。最下部羽片基部の小羽片が長い。
ハカタシダ ハカタシダ ハカタシダ
ハカタシダ ハカタシダ ハカタシダ
ハカタシダ ハカタシダ
2008年5月4日 玉湯
ハカタシダ ハカタシダ ハカタシダ
ハカタシダ ハカタシダ ハカタシダ
ハカタシダ
2008年4月5日 上乃木
ハカタシダ ハカタシダ ハカタシダ
ハカタシダ ハカタシダ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑